練馬独自の“みどり色”開発へ、東京23区1位の緑被率誇る区の魅力発信。

2015/03/20 01:43 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京都練馬区は、オリジナルの“みどり色”を開発するプロジェクト「Yori Dori Midori 練馬」を開始する。

「Yori Dori Midori 練馬」は、東京23区一の緑被率(※みどりの面積の割合)を誇る練馬区のさまざまな魅力を、区民だけでなく全国に発信していくプロジェクト。区民や区外から、樹木や植木だけでなく、人物、場所、道具、車両など、「緑と共に写っている練馬区」の写真を投稿してもらい、集まった練馬区の緑溢れる写真を紹介していく。

そして投稿されたたくさんの写真からモザイクアートの制作、また、複数の「みどり色」を組み合わせ、「YoriDoriMidori 練馬」オリジナルの色とりどりの「みどり色」を創り出し、区のプロモーションに活用していくという“日本初”の広報プロジェクトだ。

また、この練馬区オリジナルの「みどり色」は、実際に絵具として実物化され、色とりどりの「ねりまグリーン」色として誕生する。

今後は、募集で集まった写真を使い、写真展を実施するほか、練馬区の独立記念日(※練馬区は昭和22年8月1日に板橋区から分離独立し、23番目の特別区として誕生)である8月1日に、「ねりまグリーン」を使って、練馬区のさまざまなスポットを紹介していく区民参加型のテレビCMを制作し、放映する予定だ。

そのほかのイベントや展開についての詳細は、プロジェクト公式サイト(http://www.yoridorimidori-nerima.jp/)を参照。


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.