カラムーチョ粉の発売是非問う、会長と部長の意見対立で投票企画に。

2015/03/09 16:38 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


湖池屋は「カラムーチョ」の30周年記念企画のひとつとして、何でも“カラムーチョ化”してしまう“カラムーチョパウダー”の商品化の是非を問う投票の受付を開始した(http://karamucho-powder.jp/)。

この企画は、ごくシンプルに“カラムーチョパウダー”はアリか、ナシかを広く問いかけるもの。湖池屋の小池孝会長は、“カラムーチョパウダー”への熱い想いを次のように語っている。

※※※ ※※※ ※※※

カラムーチョを愛するみなさまへ

カラムーチョが発売された30年。
「カラムーチョパウダー」商品化の時がついにきました。
この辛さ、この美味しさに、みなさまがヒーヒー言うこと間違いなしです。

ところが、激辛部長が私の意見に聞く耳を持ちません。

「世の中そんなに甘くないですよ。辛いんですよ。」

と商品化に待ったをかけるのです。
こんなこと許されますか、みなさん。

これさえあれば、
三度の飯より大好きなカラムーチョを、
三度の飯にかけて食べることができるのに…

なので、みなさまに
「カラムーチョパウダー」商品化が
「アリ」か「ナシ」か意見をお聞きしたいのです

※※※ ※※※ ※※※

投票受付は3月9日より開始しているが、同日16時30分現在、「アリ」が96%、「ナシ」が4%と、「アリ」のロケットスタートが際立つ状況となっている。

果たして小池会長の熱い想いが支持され商品化にこぎ着けるのか、はたまた部長と世の声に阻止されるのか。今後の票の行方に注目しておきたいところだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.