紙コップ“自販機”作ってみた、3Dプリンタなど駆使して1週間で完成。

2015/02/20 16:12 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


紙コップタイプの自動販売機を1人で“作ってみた”動画が、niconicoに投稿されている。

▼ドリンクサーバー?作ってみた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25608388

まずは機構を考え、パーツごとにスケッチ。構想がまとまれば、3DCAD(3次元設計)でモデリングし、3Dプリンタでパーツを造形。サーボモーターを取り付け、Arduino互換機で制御する。

製作の過程で「なかなか大変」だったのが、紙コップを1つ1つ取り出すこと。試行錯誤の末、紙コップを押し出すアームやセンサーを取り付け、紙コップが1個ずつ“落ちる”機能が搭載された。

その後もトライ&エラーを繰り返し、なんとか完成。製作期間は1週間とのことだ。

動画を見たniconicoユーザーからは、

「カッコイイ」
「サーバー作るのも大変なんだなぁ」
「いいできでした」
「次は種類増やして外装だな!(改良希望」

などの声が寄せられているようだ。

製作者の「JET」さんは、これまでも流しそうめん機を自作するなど、ユニークな“作ってみた”動画を多数投稿している。

▼参考:JETさんのユーザーページ - niconico
http://www.nicovideo.jp/user/10727891/video

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.