ガッキー初のピアノ演奏シーン、未経験ながら3か月特訓で映画撮影。

2014/12/17 07:29 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


女優の新垣結衣(26歳)が、主演映画「くちびるに歌を」で初披露したピアノ演奏シーンを含む予告編映像が、このたび解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=aGIOoADnFUA)。

本作で初めての教師役、“天才ピアニストだったと噂される臨時教員の柏木先生”役に臨んだ新垣は、笑顔を封印した一見クールな役どころ。さらにピアニストという設定のために、ピアノ未経験ながら、いきなりショパンやベートーベンの曲に挑戦するというトレーニングに3か月取り組んだ。

今回到着した予告動画では、登場人物がそれぞれ抱えている問題が明らかになり、さまざまな人間模様が描き出されている。

東京から、舞台となる長崎県五島列島の中学校にやってきた、“ちょっとワケありな美人ピアニスト”柏木(新垣)。合唱部の顧問をすることになり、柏木目当ての男子部員が殺到する。しかし、指導するどころか、生徒たちにピアノを弾いて欲しいとお願いされても頑なに弾こうとしない。実は、彼女はピアノを弾かないのではなく、弾けないのでは……「私のピアノは誰も幸せにしない」と言った彼女が忘れられない過去とは。そして、いつも元気に見える子どもたちがそれぞれ背負う、誰にも言えない悩みや心の傷とは。困難に立ち向かうと決め、合唱コンクールの練習に励む生徒たちと彼らを見守る柏木は、少しずつ心を通わせていく――。

合唱部員の生徒たちは、全員オーディションで抜擢され、半年に及ぶ合唱練習の後、長崎での撮影合宿に臨んだ。さらに木村文乃、桐谷健太や石田ひかり、小木茂光、角替和枝、井川比佐志など、個性的な俳優陣が脇を固めている。監督は「陽だまりの彼女」「ホットロード」「アオハライド」などの三木孝浩。

映画「くちびるに歌を」は2015年2月28日(土)全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.