史上初の馬に乗るウルトラマン、ウルトラヒーロー6人が気迫レース。

2014/12/13 04:37 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本中央競馬会(JRA)は12月12日、ウルトラヒーローたちがサラブレッドに騎乗している史上初の映像を公開した(https://www.youtube.com/watch?v=QsK7Dpxht-I)。  

今回の映像は、第59回有馬記念(G1)の開催(12月28日)に先立ち行われるイベント「ウルトラ有馬記念@AKIBA」を記念して、期間限定公開されたもの。ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラの父、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンティガ、ウルトラマンゼロ……愛すべきヒーローたちがサラブレッドに騎乗し、緑の大地を駆け抜けるという、非常に見応えのあるレース映像となっている。

また、ウルトラマンたちの騎手としての巧みな騎乗も、映像の見どころのひとつ。まず伝説のはじまりの男にふさわしくウルトラマンが安定感あふれる走りをみせ、それに続くウルトラセブンも、風のように緑の大地を駆け抜けていく。

さらに、ウルトラの父は空気抵抗を減らすため、シンボルの赤いマントを脱ぎ捨て勝利にこだわるという一幕も。その息子ウルトラマンタロウも気迫十分な騎乗。新世代のウルトラマンを代表するウルトラマンティガ、ウルトラマンゼロも、荒々しくも可能性を感じる走りを見せた。

ウルトラマンの身長は高さ40メートル、体重は実に3万5000トンに及ぶ。ウルトラマンが騎乗できるメガサイズのサラブレッドは、全長62.52メートル、馬体重24万2050トンだというが、果たして映像の馬のサイズはいかほどなのだろうか……。

なお、ウルトラマンがサラブレッドに騎乗することを知り、ウルトラ怪獣たちも都内のWINS(場外馬券場)に出現、その様子の映像も公開された(https://www.youtube.com/watch?v=pLeHGQ0g1sM)。今回の目的は地球征服ではなく、あくまでも有馬記念とのこと。実は競馬ファンと思われるゼットンは、終始競馬新聞を読みふけっていた。また、WINS内ではバルタン星人と、競馬初心者のピグモンがワイワイとはしゃぐ様子もみられ、怪獣ファンにもたまらない映像となっている。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.