1/1サイズでしゃべる「R2-D2」、バンダイ特殊技術で“半立体”に。

2014/12/12 11:21 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「プレミアムバンダイ」は12月12日、彩色済みの大型一枚パネルを立体フィギュアに加工する史上初の特殊技術を活用した、映画「スター・ウォーズ」シリーズの「R2-D2(アールツーディーツー」等身大 半立体型フィギュア「3D WALL FIGURE STAR WARS 1/1 R2-D2」の予約受付を開始した。価格は34,800円(税込み/送料込/手数料別途)。

今回登場する「3D WALL FIGURE STAR WARS 1/1 R2-D2」は、劇中でのサイズそのままの1/1スケールで再現。バンダイ独自の技術で半立体型の等身大フィギュアを実現し、オリジナルデザインの台座が付いた特別仕様となっている。奥行き約26センチのため、自宅や店舗の壁面などにインテリアフィギュアとして飾ることも可能だ。

また、R2-D2に近づくと、人の動きに反応して、スター・ウォーズシリーズの劇中でおなじみのセリフ(電子音声)をしゃべり出す人感センサーを搭載。10種以上の音声に加え、レイア姫の台詞もシークレット音声として収録されている。

3Dウォールフィギュアは、1枚の耐衝撃アクリルを立体化する技術でリアルに再現。アクリルならではの艷やかな質感でR2-D2を完成した。構造・製造に関しては日本特許出願中で、その製造工程は動画で公開している(https://www.youtube.com/watch?v=Z6PoZwGME60)。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.