料理のストレス1位は「献立」、“作る気がなくなった”経験談は怒り爆発。

2014/11/20 11:43 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


11月22日の「いい夫婦の日」を前に、献立提案のお料理コンシェルジュアプリ「Ohganic」(https://ohganic.com/)を提供する東京エレクトロン デバイスは11月20日、「家事と夫婦生活に関する意識調査」の結果を発表した。

この調査は夫婦生活を営む一般生活者の最新の家事事情と食行動について調べるべく、30代〜40代の子育て夫婦600人を対象に行われたもの。

まず、全員に対し「夫婦間での家事の分担割合」についてたずねたところ、「ほとんど妻(妻8〜9割、夫1〜2割)」が56.7%でトップとなり、「妻のほうが多い(妻6〜7割、夫3〜4割)」19.8%、「すべて妻(妻10割)」17.5%が続いた。実に94.0%が「妻のほうが多い」と回答。共働き世帯と片働き世帯とを比べても大差はなく、世帯種別に関わらず、まだまだ夫婦の家事分担は妻の比重が大きいことがわかった。

また、「『掃除』、『洗濯』、『料理』の三大家事のうち、あなたが最も手を抜きたくない(パートナーに手を抜いて欲しくない)家事は何ですか?」との質問で「料理」と答えた490人に対し、料理時のストレスについて聞くと、「献立を考えるのが面倒なこと」38.8%がトップに。次いで「献立のレパートリーが少ないこと」30.3%、「料理が苦手なこと」15.2%などが続いた。

さらに献立検討時の意識について掘り下げ、「あなたは、毎回の献立決めに孤独を感じますか?」と質問。その結果、「かなり感じる」8.6%、「まあまあ感じる」22.6%、「やや感じる」18.1%と、2人に1人にあたる49.3%が献立決めに孤独感を感じていることがわかった。

そして献立検討時の具体的な方法について、“参考にするもの”を聞いたところ、「インターネットのレシピサイトやアプリ」(55.3%)が最も多く、次いで「レシピ本や雑誌」(28.8%)、「テレビ番組」(22.4%)に。

そこで献立決めの際に、ネットやアプリを利用していると答えた271人に「あなたは、レシピを検索すること自体、面倒だと思いますか?」と聞いたところ、「かなり面倒だと思う」5.9%、「まあまあ面倒だと思う」30.3%、「少しは面倒だと思う」37.2%と、73.4%が「レシピを検索する/探す」という行為すらも面倒に感じていることが明らかになった。

この数字は、レシピ検索した結果、情報量が多く、適した情報を見つけにくい、あるいは検索結果が食べたいものと違ったら、また異なるキーワードで検索をかけなおさなければならないなど、献立を決める際の煩雑さが料理という家事全体のストレスの起点になっていることも推察される。

さらに、同じ対象者に「あなたは献立を『探す』よりも『提案』されたほうが、ラクになると思いますか?」と聞いたところ、「かなりラクになると思う」12.9%、「まあまあラクになると思う」37.6%、「少しはラクになると思う」36.2%と、86.7%が「提案されたほうがラクになると思う」と回答。調理や後片付けの時間だけではなく、毎日の献立を探す時間も短縮できることで、これまでよりも、より心理的な負荷を軽減した形で料理に取り組むことが出来るようになるかもしれない。


☆料理を作る気がなくなった経験(自由回答)

・子どものためにバランスや食べやすさを考えて作っても、結局文句を言って残されると、がっかりする。
・食卓に並べていく間に勝手に食べ始め、私が座る頃にはほとんど食べ終わってたり、そのまま食べずにすぐ醤油をかけて塩辛い味付けに変えてしまうこと。
・パスタを作った時に「俺は手の込んだ料理よりパスタみたいな簡単な料理の方が良い」と言われた。
・何が食べたいかたずねると「何でもいい」と言うのに、「これを作る」と言うと「エーっ、それー?」といやがられる。
・何を食べてもあまり感想のない旦那。好きじゃないメニューだと文句を言う子どもにむかつく。
・疲れてるのに食事のできるのをせかされる。そんな時に何も手伝いもなく、食器くらい用意して欲しい。
・仕事の残業が続いて手抜き料理が続いた頃、主人から「お前の仕事は飯を作ることなのに手抜きするな」と注意された。
・食事は残すのに、その後すぐスナック菓子を出してきて食べ始めるのは失礼だと思う。
・夫がいつも変な時間(寝る少し前とかに)上の子に「ホットケーキ食べるか?」「作って!」とか会話したりする。それを聞いて私が怒る。夫の親も夫を甘やかして育てたから何も常識がなく、箸の持ち方や食べ方(くちゃくちゃ音を立てて食べたり)がきちんとできない。たまに一緒に食べるとイライラする。親も食べ方汚いし、義母は片手を使わずに食べたり、義父は膝立てて食べたりしているので親が常識ないので当たり前なのかもしれないけど。本当にいやだ。
・毎日ご飯があること自体に感謝がない。ご飯を作るのが苦手な母親の元で育ち、外食とコンビニ弁当の日々で食事に苦労したのだが(そのせいかどうかは知らないが、自分で作ったご飯を自分で食べることがほとんどない。普段自分のために作るご飯はおじやを作る程度)料理は決して得意じゃない。それでも自分なりに努力しているのに文句を言われたら割に合わない。結婚してすぐ「誰のおかげでご飯が食べられていると思ってるんだ!」とありがちな暴言を吐かれたときは「私が作ってるからに決まってんだろ!!!」と百倍返しした。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.