食欲の秋に“美味しい映画”を、「マダム・マロリーと魔法のスパイス」特別映像。

2014/10/30 15:37 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“食欲の秋”真っ只中の昨今、そんな秋にピッタリのお腹が空く映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」が、11月1日より公開される。それに先駆け、料理の数々を集めた特別映像が公開された(https://www.youtube.com/watch?v=nwMuzsYYWfs)。

本作は、老舗フレンチ・レストランと新興インド料理店のコミカルなバトルに笑い、人々が食を通して人生を変えていく姿にほろりと泣ける“美味しい映画”。気品あふれるソースを使った一流フレンチや、スパイスたっぷりのインド料理がこれでもか!と登場する。オスカー女優ヘレン・ミレンを主演に迎え、名匠ラッセ・ハルストレム監督がメガホンを執った作品だ。

公開された映像は、画面からスパイスの香りが漂ってきそうなインド・カレーや、見た目も鮮やかでエレガントなフレンチが登場。物語の重要なキーとなる一皿「オムレツ」の調理シーンは、スローモーションで丁寧にとらえたこだわりのシーンだ。

本作の料理シーンは、食べ物のおいしさが伝わるように描くため、フランス人とインド人のシェフたちからアドバイスを受け、ベストな照明や方法で撮影。自然かつ詩的なアプローチで、思わず涎が出そうな映像に仕上がっている。

映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」は、11月1日(土)より全国ロードショー。


☆ストーリー

ある日、南フランスでマダム・マロリーが経営するミシュラン1つ星フレンチ・レストランの真向いに、インド・レストランが開業した。究極の味と穏やかな雰囲気を重んじるフレンチに対して、賑やかな音楽とともにスパイスたっぷりの料理を提供するインド・レストラン。道を隔てた相容れない2つのレストランの間で、ありえない“戦い”が繰り広げられる。そしてこの“戦い”が、やがてマダム・マロリーと2つのレストランに拘わる人々の心に、変化をもたらして行くのだった。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.