“笑い封印”大泉洋が名曲熱唱、映画共演の安藤裕子とデュエット。

2014/10/26 03:44 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優・大泉洋とシンガーソングライター・安藤裕子が、井上陽水と玉置浩二の名曲「夏の終りのハーモニー」をしっとり歌い上げる動画が、CREATIVE OFFICE CUEのYouTubeチャンネルで期間限定公開された(https://www.youtube.com/watch?v=rY18LgJhG5A)。公開期間は11月3日(月)23時まで。

この映像は、9月27日に北海道・岩見沢市で開催されたフェス「空ヲ知ル〜長月祭〜」の安藤のステージに、映画「ぶどうのなみだ」で共演した大泉がサプライズ登場したもの。観客は突然のゲストに驚きつつ、いつもの笑いを封印して熱唱する大泉と安藤の歌声に聞き入った。

映画ではお互いに惹かれあう主演&ヒロインを演じた2人の息の合った、一度限りの大人のデュエットだ。

現在公開中の映画「ぶどうのなみだ」は、2012年1月に公開された「しあわせのパン」のスタッフが、再び北海道を舞台に製作した作品。舞台は北海道・空知(そらち)のワイナリーで、葡萄畑でワインの醸造に励む兄のアオ(大泉)と、傍で小麦を育てる弟のロク(染谷将太)のもとに、ある日不思議な旅人エリカ(安藤)が現れ、2人の生活に新たな風を吹き込んでいく――という物語が描かれている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.