ロンブー淳「人狼」雪辱を誓う、“フジテレビ人狼”第6弾放送へ。

2014/09/30 11:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


フジテレビは10月7日深夜1時から、心理トークバトルゲーム番組「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」の第6弾を放送する(※「体操世界選手権2014」放送時間延長により、番組放送開始時刻が変更になる可能性あり)。今回の「フジテレビ人狼」には、ロンブー淳が2度目の挑戦。データ放送では「追放者予想クイズ」も実施する。

人狼ゲームは、世界各国で楽しまれているパーティーゲーム。相手をあざむく「嘘を上手くつけるか」、また「嘘を見抜けるか」を味わうゲームだ。まず最初に、ランダムに役職(市民、人狼、占い師、騎士、裏切り者など)を他の人には分からぬように決定。市民チームと人狼チームに別れ、市民チームは人狼を全員追放すると勝利とし、人狼チームは人狼チームの人数と市民チームの人数が同数になると勝利となる。ゲームは、朝と夜2つのターンに分けられ、朝のターンでは、誰が人狼なのか、疑わしいかを話し合い、多数決でひとり追放し、夜のターンには人狼チームが市民チームのひとりを襲撃。これを繰り返し、勝敗を決定していく――という流れだ。

今回は、4回目の出演となる、お笑い芸人のおぎやはぎ(小木博明、矢作兼)の2人、毎回「ハイクオリティ」などの名言を残す狩野英孝などの常連から、俳優の神保悟志、弁護士の北村晴男、グラビアアイドルの中村静香、モデル兼タレントのハリー杉山、フリーアナウンサーの伊藤綾子など、多種多様なジャンルの芸能人が集まり、普段のテレビでは見ることのできないの「真実の顔」と「嘘の顔」を見せる。

また、前回放送「人狼〜嘘つきは誰だ〜village05」の雪辱を誓う田村淳が、草人狼(素人が集まって楽しむ人狼)で培ったテクニックを見せるかも番組の見どころのひとつだ。

そして今回も、PC・スマホ・タブレットを利用したセカンドスクリーン企画、データ放送連動企画を実施。セカンドスクリーン企画では、番組公式アカウント(@jinroh_cx)から番組の情報を、番組実況アカウント(@jinroh_OA)からは番組の解説、各出演者の番組アカウントからは、番組の放送に連動し、追放者部屋からの出演者の声をツイートする。

さらにゲームの進行状況を番組公式サイト(http://www.fujitv.co.jp/jinroh/live)にてリアルタイム配信。データ放送では、データ放送画面にて追放される人を予想する「追放者予想クイズ」を実施し、クイズの正解数により、24時間限定でオンライン上で視聴できる無料お宝動画(お見事動画、イマイチ動画、がっかり動画のうち1つ)がもらえる。

今回の「フジテレビ人狼」について、おぎやはぎの小木博明は「初めて(ロンブー)淳さんと人狼の対戦をした印象ですが、彼はゲームの流れを作ってくれるから楽しくプレイできるんですけど、話がうまいからどっちのチームについてもやっかいでしたね。僕は、彼はどの対戦でも最初からもう人狼か裏切者のどちらかにしか見えなかったですよ(笑)。今回の対戦の見どころは、北村先生ですね。北村先生はしゃべる時としゃべらない時の差が激しくて、人狼チームなのか市民チームなのか、分かりやすい(笑)。いい先生なんだなって、人の好さが出てましたね」と共演者を分析。

矢作兼も「今回の対戦は、小木も言っているようにやっぱり北村弁護士がとても印象的で面白かったですね。彼が正義で語っている時の言葉と嘘を語っている時の言葉の違いが、あまりに差があり過ぎて(笑)。あの方は嘘をつくのが出来ない人で、本当のことを言っている時はとても弁が立つ、正義の弁護士なんだって思いました」とコメントしている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.