マルコメと味噌汁'sがコラボ、“新しい味噌汁”の共同開発計画始動。

2014/09/05 14:43 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


マルコメは9月5日から、「嫁さんはおいしい味噌汁 作れる人と決めてるんだ」と歌う、謎のロックバンド・味噌汁'sとコラボし、「“新しい味噌汁”共同開発プロジェクト」を開始した。

このプロジェクトは、これまでにない“新しい味噌汁”を開発するべく、味噌汁'sが味噌蔵の中で熟成中の味噌にロックミュージックを聴かせたりするなど、2014年冬の商品発売に向けた新しい形のプロジェクト。

プロジェクト開始第1弾として、同社の代表取締役社長による共同開発宣言の発表と、商品開発に関する情報発信、およびプロジェクト告知動画を、公式サイトとYouTubeにて公開開始した。


☆プロジェクト動画第1弾「ロックと味噌」公開(https://www.youtube.com/watch?v=FzJLPSkXlTw)

全国のラジオ局と組み、味噌汁の新たな具の組み合わせをリスナーから募集するなど、様々な展開をしている味噌汁's。現在、2014年冬の発売に向け、味噌の種類や人気のある味・具材、メンバー4人の好きな味噌汁の味などの情報交換、味噌汁の試飲などを行っている。その中で、「味噌にロックを聴かせて“聴育”すれば美味しくなるかも」との意見が出たことから、長野県にある味噌蔵で、約2,000トンの味噌を前に味噌汁'sギター担当・ポールがロックを聴かせているシーンを動画として収めた。ポールの弾いている曲は、日本の童謡の代表曲の一つ「ふるさと」をロックテイストにアレンジしたものだ。

撮影は、長野の大自然のなかにあるマルコメの味噌蔵で実施。味噌の香りが立ちこめるなか、ポールは実際に蔵のなかで生演奏した。蔵のなかに響き渡るギターの轟音にスタッフ一同、感動したそうで、その生音源をその場でそのまま収録。スタジオ収録ならぬ味噌蔵収録の楽曲となった。「ロックの歴史60年、マルコメの歴史160年。大自然の中での“味噌”と“ロック”の歴史的な融合をお楽しみください」と、CMプランナーの佐藤雄介氏は語る。

また、味噌汁'sのポールは「今回、味噌へギターを演奏するという貴重な体験をさせていただきましたが、大自然の中にある味噌蔵での演奏は、いつもよりリバーブがかかって新鮮でした。自分の演奏で、味噌が何らか変化してくれると嬉しいです」とコメントを寄せている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.