GKとボクサー“パンチ力”勝負、対決動画が再生回数200万回超のヒット。

2014/08/28 17:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


サッカーのゴールキーパーがボールをパンチする力と、プロのヘビー級ボクサーのパンチは、いったいどちらが強いのか。「何の意味が…?」とツッコミが入りそうな力比べをあえてしてみたという内容の動画が、欧米のインターネットでちょっとした話題を呼んでいます。

YouTubeに動画「World Record Football Punch | Robert Helenius vs. Lassi Hurskainen」(https://www.youtube.com/watch?v=Z1KDp8n3YFE)を投稿したのはフィンランドのサッカー選手でゴールキーパーのラッシー・ホースカニエンさん(27歳)。彼は米ノースカロライナ大学在学中に撮影したという、彼のトリッキーなプレイを集めた動画で有名になり、メディアでも取り上げられた人物です。

その彼と、同じくフィンランド出身のボクサー、ロバート・ヘレニウスさん(30歳)が登場する今回の動画では、ホースカニエンさんが「僕はサッカーのゴールキーパーとして、ボールをキックしたり、パンチで返したりして、出来るだけ遠くに飛ばす技量を持っています」と自己紹介するところから始まります。

そしてホースカニエンさんが、隣にいるヘレニウスさんを紹介した後に「じゃあ、今日は君に本当のパンチの力を伝授するぜ」と自信満々な仕草でボールをパンチして飛ばすのですが、ボクサーのヘレニウスさんは「ほお、すごいな」と言いつつも、あまり驚いてはいない様子。「じゃあ、真のパンチを見せてあげるよ」と今度はヘレニウスさんがボールを飛ばすのですが、その威力はボールをなんと100ヤード(約91メートル)先まで飛ばしてしまいました。

最初は自信満々だったホースカニエンさん。ずっと向こうに行ってしまったボールを取りに行く、その後ろ姿が哀愁を誘います。さらに勝負の終わりのハイファイブをヘレニウスさんとしようと試みるも、身長差がありすぎて手が届かないというオチにも、なんとなく笑いと涙を誘っています。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.