羽生選手が女優に挟まれ照れ笑い、ロッテ「ガーナ」新CM発表会詳報。

2014/08/27 18:37 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロッテは8月27日、ガーナミルクチョコレート新CM「チョコびらき」篇のお披露目と、2014年チョコレートの季節の到来を宣言する「ロッテ ガーナ チョコびらきセレモニー2014」を都内で開催。CMに出演する土屋太鳳と松井愛莉が出席したほか、新たにガーナの新CM出演することになったフィギュアスケートの羽生結弦選手がゲストとして登壇した。

セレモニーでは、ガーナをイメージした真っ赤な衣装の土屋、松井が「さぁ!ガーナでチョコびらき!」と、今年のチョコの季節の到来「チョコびらき」を宣言し、巨大なボックスのリボンをほどくとボックスがオープン。その中から羽生選手がソチ冬季五輪でもみせた“片腕を高く挙げるあの決めポーズ”で華麗に登場した。

土屋と松井にとって、思わぬサプライズだった金メダリストの登場に「あのオリンピックを思い出させるような感じがして、すっごいカッコ良かったです!こんな近くで見られるなんて……」と驚きの様子。今、注目の女優である2人を前に羽生選手も少々照れてしまい、「ちょっと汗かいちゃいました」と普段は見せない照れた笑顔で応えた。

トークセッションでは、新CMの撮影現場を振り返り、「ウクレレを弾いたり、子どもたちと遊んだり、すっごく楽しく撮影することができました!公園での撮影でしたので、青空とチョコレートがこんなに合うなんて」と、青空とチョコレートの相性に感激した土屋。

「私はダンス部という設定で、打ち上げでしたので、本当の部活の友達のように“ウェーイ!”って盛り上がっちゃいました!」と、嬉しそうに松井も撮影を振り返った。

羽生選手は「氷上での撮影でしたので、いつもの自分のフィールドで表現させていただきました。スタッフの方々のおかげで、慣れない撮影も楽しく過ごせました」と、それぞれのエピソードも語った。

お互いに同世代ならではの質問をしてもらうトークセッションでは、フィギュアスケート選手と同じく、「演技」を仕事とする女優の土屋から“良い演技の秘訣”を質問。聞かれた羽生選手は「僕たちは結果を常に求められるので、常に向上心と目標をもつことが秘訣かと思います」と、同じ表現者としての真剣なアドバイスで答えた。

また、松井から羽生選手へ“大舞台で緊張しないコツ” を質問したところ、「“緊張”は実は悪いことではなく、自分の“緊張”を認めて開き直ることが大切だと思います。今も僕、こんな綺麗な方々に囲まれてまさに緊張していますし(笑)」とアスリートらしい、緊張との付き合い方を伝授した。

一方、羽生選手からは日々、撮影などの仕事で忙しい女優の2人に“とっておきの気分転換”を質問。松井は「私は星を見ることですね。ベランダに出て、星を眺めながら気持ちを整理しています」と、ロマンチックな回答。土屋は「私も気分転換に素敵な景色を見るのが好きで、カメラを持って満月や夕日を見て、深呼吸します!」とカメラ好きの土屋らしいコメントをした。

また、ゲストの3人にはイベントのメインテーマの「チョコびらき」にちなんで、今年これまで初めて行った・挑戦したことを「○○びらき」という形式で発表してもらった。

羽生選手は“ガーナCMびらき”と発表し、「そのまんまですが、新たにガーナのCMに出演することができ、本当に嬉しかったです!実は、テスト勉強や試合の前にもガーナを食べていたんです」とガーナ好きな一面を明かした。

松井は、「私は“ポールダンスびらき”です。役でやらせていただいたんですが、かなり本格的にやって筋肉がつきました(笑)」と意外な“○○びらき”を告白。

土屋は「“望遠レンズびらき”に挑戦しました。写真が好きなので、初めて望遠レンズを使ってみたんですが、本当に世界が変わって見えました。この会場にいるカメラマンの方のレンズやカメラも気になっちゃいます!」とコメント。それぞれ異なる3人の個性的な「○○びらき」を明かした。

最後に、土屋は「チョコレートも美味しい季節になりますので、羽生選手の演技のように、情熱的にガーナを愛していただけたらと思います」、松井は「私もガーナが大好きなので、これからもたくさん食べて、楽しいチョコの季節に参加していきたいです」、羽生選手は「チョコレートのシーズン共に、“僕のシーズン”も開幕しますので、試合や練習にしっかり打ち込んでいきたいと思います」と次への意気込みを語り、イベントを締め括った。


☆囲み取材コメント

質問:今回も3人(土屋、松井、広瀬すず)でのCM撮影でしたが、いかがでしたか?

土屋:一人の時より心強く撮影出来て、一緒にできて本当に良かったです!

質問:羽生選手はCM撮影はいかがでしたか?

羽生:氷上での撮影でしたので、その意味では自分のフィールドで演技することができたと思います。 撮影では、いつも通りを意識しましたがやはり緊張はしました。赤い衣装もなかなか着ないので、華やかで良い感じでしたね!

質問:羽生選手は今日、“両手に華”ですが、いかがですか?

羽生:やっぱり恥ずかしいですね、でも嬉しいです(笑)。

土屋:私、スポーツ全般は得意なんですけどスケートだけなかなか上手くできなくて…実はさっき、羽生選手にスケートについて、どうやってあの細い2本のブレードで立っていられるのか聞いちゃいました(笑)。

羽生:両足の2本のブレードなら、氷上で5分以上どこにも掴まらずに静止することもできますよ。ただ一本足で立つときは難しいです。是非、土屋さんも“スケートびらき”してみてください!

質問:ちなみに、みなさん今年の夏はいかがでしたか?

松井:実は今年、花火したり海に行ったりとか去年よりも夏を満喫しちゃいました!一番やりたいBBQはまだできていません…。

羽生:僕はアスリートとしても例年以上にいろいろありました。若干のとまどいもありますが、これから新しいシーズンに向かっていく気持ちです。金メダリストになった後、メディアの方々と接することも多くなり、環境も変わりました。こうやって壇上にいる僕自身、いちスケーターですので、その立場は崩さないようにしたいです。

土屋:羽生選手の演技は着地した時も本当に綺麗で…なんか視聴者の目線ですね(笑)。私自身、すごくパワーを貰っています!

羽生:ありがとうございます。こういう言葉をいただけて、「やっててよかった」って気持ちになります。次のシーズンは、去年までの自分がマグレではなく、実力だと認めてもらえるようになりたいです。プレッシャーは期待とイコールなので、期待されているということは、「できる」と思われているということと捉え、それを力にしてがんばっていきたいと思います。全部、勝ちたいです。

質問:それでは、最後に一言お願いします。

土屋:チョコレートって屋内で食べたり、作ったりするイメージでしたが、みんなそろって外で遊ぶときに気分を盛り上げるアイテムとして、ガーナが活躍すればいいなと思います!

松井:このチョコびらきの季節では、ガーナが作り出す楽しい雰囲気とかをCMを見ている方々に楽しんでいただけたら嬉しいです!

羽生:“演技”ということで、今回のCMは胸を張って、みなさんに見ていただければと思っています!

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.