砂漠の竜巻バックに“自撮り”、クレイジーすぎる動画の真贋巡り議論。

2014/08/26 15:24 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


いま、豪州の男性が砂漠で撮ったという“自撮り”映像が、「クレイジー」だと大きな話題を呼んでいる。

豪ニュースサイト・news.com.auなどによると、この動画は8月19日付でYouTubeに投稿された、「Crazy Guy Runs Into Outback Tornado To Take Selfie」(https://www.youtube.com/watch?v=P7aRR86VfTY)。ある男性が、それほど大きくない規模の「ウィリー・ウィリー」と呼ばれる竜巻を砂漠の中で見つけ、近づいて行った時の一部始終を収めたものだという。

動画は、砂漠の平原に発生した竜巻に車で近づいて行こうとしているところからスタート。男性は車中で「ここ数年で見た中で一番大きい」「もしこの中に入っていったら…」など、興奮しながらカメラに向かって話している。やがて車を飛び出して竜巻の近くへと走り出し、「すごく大きい」などと叫びながら、竜巻をバックに自分もフレームイン。ところが間もなく、距離を置いていたはずの竜巻が自分のほうへと迫り出し、巻き込まれるのを回避するべく急いで車へと引き返した。

慌てて車の中へ逃げ込んだものの、直後に車が竜巻の中へと入り、悲鳴を上げながら車内で身をすくめている男性。竜巻はすぐに通り過ぎて事なきを得たようだが、声も出せずに「Oh My God」と繰り返す男性は、さすがに自分がどれだけ危険な行動をしたのか、多少なりとも理解できたようだ。

この動画は、投稿から間もなく豪州のメディアなどで紹介されて「クレイジーなやつ」と話題になったようで、再生回数も200万回超(8月26日現在)を記録している。ただ、撮影者とは別とされる投稿者の男性が、今年6月にシドニーの海に飛び込んだ際に急接近したサメから逃げた、とする動画を投稿して再生回数2,000万回を優に超えるほど大きな話題を集めたのだが、その後「フェイク」の事実をばらされた“実績”の持ち主とあって、今回の動画でも真偽を巡る論議が起きているようだ。果たして竜巻の映像は本物なのか、それぞれ自分の目で見て判断してみていただきたい。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.