追突事故で宙舞った男に奇跡、前方に回転しながら車の屋根に着地。

2014/08/22 20:23 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月末、ベラルーシの高速道路で、バイクが車に追突する交通事故が起きた。これだけなら、どこでも起こりうる単なる事故の話。ところが最近、後ろを走っていた車から事故の瞬間を捉えていた車載カメラの映像がYouTubeに公開され、宙へ飛ばされたバイクの男性が奇跡的な動きで助かっている様子が収められていると、大きな話題を呼んでいる。

この動画は8月19日付で投稿された1本の動画(https://www.youtube.com/watch?v=7vd_OuqUAaI)。ロシア紙モスクワ・タイムスや米紙ニューヨーク・デイリーニュースなどによると、投稿したのは「マケドニア語」を扱う人とされ、7月30日に投稿者が車でベラルーシ東部の都市「モギリョフ」(英紙インディペンデントより)付近の高速道路を走行中に、車載カメラで撮影したものだそうだ。

動画は片側3車線の高速道路で、投稿者の車が一番左側の車線を走っている場面からスタート。しばらく、周りを含めて順調に車が流れている様子が映されているが、20秒付近で右前方を走っていた車が車線変更を試みた際に、後ろから猛スピードで突っ込んできたバイクが、車線を変える車を追うように走ってしまい追突してしまう。

その瞬間、バイクは大破し、運転していた男性は体を回転させながら宙に。ところが、勢いで前方に一回転した男性は、なんと追突した車の屋根の上へストン、見事に足から着地したのだ。

事故の瞬間は女性の悲鳴も聞こえるが、鮮やかすぎる結末を目の当たりにした後は、興奮するように言葉を発している投稿者。伝えられている情報では、バイクの男性は「免許を持っていなかった」とされ、無免許ながらも高速道路で無謀な走りをしてしまったのが、事故が起きた大きな原因となったようだが、ラッキーな着地ができたおかげで大きなけがもなく、事なきを得たとされている。

動画は間もなく、多くの欧米のメディアが紹介して大きな注目を集め、再生回数が700万回超(8月22日現在)を記録。あまりの奇跡ぶりに、動画を見たユーザーの中には「フェイク」「予定されたスタントだ」とこの事故を疑問視する人も少なくないようだが、実際に起こった出来事だと思えるかどうか、それぞれ自分の目で確かめて判断してみていただきたい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.