実写「タートルズ」初映像解禁、最新VFX駆使したアクションが炸裂。

2014/07/31 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイプロデュースにより、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる映画「ミュータント・タートルズ」(全米公開8月8日/パラマウント配給)。その日本公開が12月19日(金)に決まり、初の映像となる特報が解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=PtopMBpr2NI)。ニューヨークの地下道に住み、悪の手から街を守る4人のヒーロー、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロ。最先端のVFXで、実写版の“タートルズ”が世界を駆け巡る。

ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人の「カメ」(=タートルズ)だったのだ――。

これまで、幾度となくアニメ、映画、ゲーム化され、今も愛され続ける「タートルズ」。特報では、4人のタートルズの魅力であるコミカルなキャラクターはそのままに、最先端のVFX技術によって彼らのスピード感溢れるアクションが炸裂している。

エイプリルの前に華麗に現れるリーダーのレオナルド、スケボーで地下道を激走するムードメーカーのミケランジェロ、雪山で魅せる特攻隊長のラファエロと頭脳派ドナテロの連携したアクションを垣間見ることも。それぞれ武器を巧みに操り、身体能力がずば抜けて高く、言葉も話す、しかも彼らはニンジャだ。ニューヨークを守る新たなヒーロー“ミュータント・タートルズ”がここに誕生する。

製作を務めるのはマイケル・ベイ。新たにプロデュースを手がける本作でも「トランスフォーマー」シリーズに並ぶ映像スケールを本作でも堪能できることは間違いない。監督は「タイタンの逆襲」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」のジョナサン・リーベスマン。脚本は「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」の脚本家が手掛ける。また、ヒロインのエイプリルには、「トランスフォーマー」でマイケル・ベイのミューズとなったミーガン・フォックスが起用された。

映画「ミュータント・タートルズ」は12月19日(金)全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.