崖っぷち男の“奇跡の実話”、インド初のメジャーリーガー誕生への賭け。

2014/07/23 11:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


人生崖っぷちのスポーツ・エージェントが、一攫千金を賭けて挑んだ驚くべき実話基にした映画「ミリオンダラー・アーム」。日本では10月4日より全国ロードショーとなるが、その予告編とポスタービジュアルが解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=1rhzy_qJwfs)。

筋書きのないスポーツの世界では、しばしば奇跡的な番狂わせや大逆転劇が起こるが、そのにわかには信じがたい“チャンス”は予想もしない場所で生まれた。キャリアのドン底に陥ったスポーツ・エージェント、JB・バーンスタインも“チャンス”に巡り合う方法を見つけている1人。ただ、彼はひらめいた。誰も手を付けていない場所に一攫千金の機会が眠っていると。それは12億の人口を抱える野球未開の地インドから、「ミリオンダラー・アーム」(100万ドルの剛腕)を持つ原石を発掘し、メジャーリーガーとしてデビューさせるという奇想天外な挑戦だった。

本作は、インド初のメジャーリーガーを発掘したJB・バーンスタインの実話に基づき、「オールド・ルーキー」などの良質なスポーツ実話映画を手掛けてきたメイヘム・ピクチャーズと、夢と希望を世界の人々へ与え続けてきたディズニーがタッグを組み贈る、勇気と感動のサクセス・ストーリーだ。

本作のタイトルにもなっている「ミリオンダラー・アーム」は、実際にインドで行われているコンテスト形式のリアリティ・ショー番組。コンテストはインドの各地で行われ、予選・決勝を勝ち抜いた者が賞金とメジャーリーグ入団テストへの挑戦権が与えられるという、まさにアメリカン・ドリームだ。現在も本作の主人公でもあるJB・バーンスタインが大会をプロデュースし続けており、今年で3回目を迎える。

今回JB・バーンスタインを演じるのは、テレビシリーズ「MAD MEN マッドメン」でブレイクしたジョン・ハム。メジャーリーグに挑戦する2人のインド人青年役に「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」で鮮烈な映画デビューを飾ったスラージ・シャルマと、「スラムドッグ$ミリオネア」で主人公の兄を演じ、強烈な印象を残したマドゥル・ミッタルが配役された。

また、監督は「ラースと、その彼女」など異色な才能を発揮するクレイグ・ギレスピー。脚本は「カールじいさんの空飛ぶ家」(原案)でアカデミー賞にノミネートされ、監督・役者としても活躍するなど多彩な才能を持つトム・マッカーシーが担当、ディズニーならではのスパイスを映画にどのように散りばめているのかにも注目だ。

解禁された予告編では、インドという野球未開の地に戸惑いながらも、野球界の新星発掘に思いを馳せ奮闘するJB・バーンスタインらの姿。剛腕投手の原石として発掘されたインド人青年のディネシュとリンクは、期待と不安を胸にアメリカン・ドリームを掴むため渡米。そこで彼らを待ち受けるのは、異国の地ロサンゼルスでのカルチャー・ギャップと彼らを取り巻く人たちからのプレッシャーだった。

JB自身、失敗の許されないこのプロジェクトにすべてを賭けてるため、次第にディネシュとリンクに苛立ちをみせる。ぶつかり合いながらも、さまざまな困難を共に乗り越え、家族愛、人との絆……人生にとっての大切な教訓を学びながらインド初のメジャー・リーガーデビューへの道を男たちは目指していく。果たして彼らが得た、富と栄誉よりも最も大切なモノとは――。

映画「ミリオンダラー・アーム」は10月4日(土)全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.