チャイルドシート正しく使って、適正使用でないと死亡重傷率5.4倍にも。

2014/07/08 10:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


JAF(一般社団法人日本自動車連盟)は、警察庁と合同で実施した「2014年チャイルドシート使用状況全国調査」の結果をもとに、自動車に子どもを乗せる機会のある人に向けたインフォグラフィック「そのチャイルドシート、本当に正しく使っていますか?」を公開した(http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/crs/)。

日本では、チャイルドシートの使用が義務付けられている6歳未満の子どもに対して、依然として4割近くがチャイルドシート不使用であることに加え、使用はしても取付けを誤るケースが6割、正しく着座していない子どもが4割近くと、安全対策が不十分という状況がある。

また、警察庁の公開データ「チャイルドシート使用有無別交通事故関連統計(平成25年中)」によると、6歳未満幼児の自動車同乗中の死亡重傷率は、チャイルドシートを適正に使用していないケースでは適正使用の約5.4倍高くなっているそうだ。

こうしたことを踏まえ、JAFは一人でも多くの人に、チャイルドシートを「本当に正しく使っているか」を改めて確認するきっかけとして、今回、インフォグラフィックを公開した。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.