夏にピッタリ“かき氷パスタ”、ふわふわの特製氷ソースをふりかけ。

2014/07/02 08:09 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「イナゴのペペロンチーノ」「サソリのスコーピオンソース」「蜂の子のハチミツ・パンプキンクリーム」など、衝撃的なメニューで話題を呼んだ、東京でイタリアンレストランを展開するパストディオ(http://npbaka.com/)は、7月5日から、夏季限定メニューとして“かき氷パスタ”2品の販売を開始する。

“かき氷パスタ”は、昨年、約2か月で1,000食以上(3店舗合計)を販売したメニューで、同社によると「現在はさまざまなかき氷パスタがありますが、当店が元祖かき氷パスタのお店」とのこと。

今から3年前に「カラダの中から温度を下げてもらいたい」との思いから、とにかく冷たい氷のパスタを作ることに挑戦し、その後1年かけて研究を重ね、麺が固まらないこと、氷自体に味があり、溶けてもソースが薄まらないこと、かき氷をフワフワに仕上げることに成功し、完成したという。

今回、1日各10食限定で販売するのは「冷製トマトソース・氷トマトソースがけ」(1,250円/税込み)と「冷製カルボナーラ・氷クリームソースがけ」(1,250円/同)。

「冷製トマトソース・氷トマトソースがけ」はイタリア産の完熟トマトをじっくり煮込んで作ったトマトソースを冷製仕立てにした生パスタで、そのまま食べても美味しい冷製トマトソースの上に特製の氷トマトソースをかき氷機で上からふりかける。氷が溶けた後も、元がトマトソースなので、完熟トマト風味の冷製スープに。2度目の美味しさが味わえるという仕掛けだ。

「冷製カルボナーラ・氷クリームソースがけ」は、3日間コトコト煮込んで、手間暇かけた常識破りのカルボナーラ。通常3分もあれば出来てしまうカルボナーラソースを丸3日かけて作りだす極上カルボナーラを冷製仕立てにした生パスタだ。その上から、特製の冷たいクリームソースをふりかけて仕上げる。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.