サッカー楽しむプレーンズたち、“想いをひとつに!”みんなで練習中。

2014/06/13 12:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ディズニーがこの夏に贈るアクション・アドベンチャー「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」。レスキュー隊に入隊したダスティと、恐れ知らずの仲間たちが繰り広げる勇気と友情の物語だが、本作の“炎と闘う”レスキュー隊の仲間たちが、レスキュー隊同様に仲間と“想いをひとつ”にすることが大切なサッカーの練習をしているシーンからはじまる特別映像が到着した(https://www.youtube.com/watch?v=c2a8XGAJufg)。

この映像は、もの静かで頼りがいのある重量貨物「ウィンドリフター」と、隊を率いる消防救助ヘリコプターの「ブレード」が、“闘おう”“想いをひとつに!”と応援しているシーンから始まる。2人が応援しているのは、空飛ぶ機体から次々と飛び出し、火災現場に降り立って障害物を排除し、延焼を防ぐために大活躍するパラシュート隊だ。

そんなパラシュート隊は、想いをひとつに闘って頂点を目指すべくサッカーの練習中。パラシュート隊の面々が器用にリフティングをする中、鋭い刃で倒木を切断する電動のこぎり搭載車の「ブラックアウト」にひとたびボールが渡ると……仲間たちの表情に注目だ。

また、映像の後半では、ダスティが初めて基地に足を踏み入れた時のシーンも描かれているが、このシーンにはボブス・ガナウェイ監督たちが、カリフォルニア森林管理消防局の人々と共に時を過ごし、映画の設定や新作に登場するキャラクターの素材を収集した際のエピソードが活かされている。

出動していない時の消防士たちはいたずらし合ったり、料理したりとリラックスしていたが、一度警報が響けば瞬時にプロとしてのモードに切り替わる、その驚くべき落差も描きたかったという。ひょっとすると消防士たちがリラックスしている時には、映像のパラシュート隊のようにサッカーの練習もしていたかも?

映画「プレーンズ2/ファイアー&レスキュー」は、7月19日(土)ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.