プッチンプリンを80億年間冷凍、グリコ乳業×鎖音プロジェクト動画。

2014/06/09 13:16 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


グリコ乳業は6月9日、ロングセラー商品「プッチンプリン」を夏場においしく食べる提案「凍らせプッチン!」キャンペーンを開始した。それに伴い、動画クリエイターの鎖音(くさりね)プロジェクトによるPR動画を制作。YouTubeで公開(http://www.youtube.com/watch?v=kxFmoaxodAs)を開始した。

鎖音プロジェクトは、突飛なストーリー展開でアニメなどの2次元を具現化するクリエイターグループ。強烈なキャラクターを持つメンバーの人気も相まって、最近では有名動画サイトの人気イベントへの出演を果たすなど活動の幅を広げている。

同社は、今回のキャンペーンに鎖音プロジェクトを起用した理由を、「彼らのクリエイティビティが『凍らせプッチン!』という新しい食べ方の魅力をユニークに表現できる」と説明。また、「彼らの作品の主な視聴者層である男性、とりわけコンビニ利用者にもこの『凍らせプッチン!』を試して欲しい」ことなどを挙げた。

動画では、主人公が購入した「プッチンプリン」が冷蔵庫に入らず、空いていた冷凍庫に入れそのまま放置してしまい、80億年後にふと冷凍庫の「プッチンプリン」の存在を思い出すという内容。

そこで初めて凍った「プッチンプリン」を食べて“凍らせプッチン!”の魅力に気付くという、ユニークで斬新なストーリー展開となっている。撮影前に「凍らせプッチン!」を試食した鎖音プロジェクト・リーダーの鎖音マツさんは、「食べた時、シャーベットの様なサックリした中に、確かにモッチリした感覚があるんだ。信じられるかい? まるで氷漬けになった彼(プリン)がまた語りかけてくるようだったよ。『雪解けの春』(ス“プリン”グ)が待ち遠しい』ってね」とコメントを寄せている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.