客席から自画自賛ゴールパフォ、シートに腰掛け拍手&ご満悦な表情。

2014/05/13 11:56 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、リトアニアで行われたサッカーの試合。そこでゴールを決めたある選手のパフォーマンスがネットで話題を呼んでいます。

トラカイFCに所属するFWのディミトリ・コウブ選手は、ザルギリスFCとの試合終盤に貴重な同点ゴールを決めますが、今回話題となっているのは喜びのパフォーマンス。その様子は、YouTubeに投稿された動画「Original celebration! D.Koubas applauding himself in the arena stands!」(https://www.youtube.com/watch?v=dlTI2zt_GMI)で確認することができます。

コウブ選手はまず、ゴールが入った直後にチームメイトの方向に走り寄り、同点の喜びを分かち合うのかと思いきや、手を広げて待ち構えていた仲間の横をすり抜け、観客席に向かってダッシュ。そして、多少呆然とするチームメイトの姿を無視して、あまり観客の座っていない客席のひとつに座ると、いかにも「いやあ、今のゴール素晴らしかったね」といった感じに手を叩き始めるのです。

これがYouTubeで公開されると、瞬く間に話題となり、米ソーシャルサイト界隈でも大盛り上がり。動画には「独創的なお祝いの仕方だな」「こいつ(コウブ選手)人生の勝ち組だよね」「これ、またみんな真似するんだろうなぁ」といったコメントが付けられています。中には「これって観客席がカラっぽの試合だったから出来たんだよね……」という鋭いツッコミも。

なにはともあれ、コウブ選手の飄々とした行動には思わずクスッとしてしまうこと間違いなし。サッカーファンも、そうでない人も、ぜひ一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.