YouTubeブレイクした演歌歌手、キルギスのコンサート映像が100万回再生。

2014/05/08 02:24 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


演歌歌手・三田りょうが、昨年8月にキルギス共和国独立22周年記念コンサートへ出演した際の様子を収めた映像(https://www.youtube.com/watch?v=esz4qfDLOvY)が、YouTube投稿2か月で再生回数100万回を突破した。

日本ではあまりその名を知られていない三田は、1987年にデビュー。2000年に発売した「哀愁フェリー」では日本有線大賞有線音楽賞を受賞し、翌年にはフェリーを乗り継いで「たったひとりの哀愁フェリーキャンペーン」90泊91日の日本一周を敢行した。2006年の「佐渡航路」では、2回目の日本有線大賞有線音楽賞を受賞している。

しかし、2008年に悪性リンパ腫を発症。闘病を経て2010年に復帰、悪性リンパ腫の啓蒙の「ライムグリーン・リボン」支援活動を続ける中で、2013年、支援者からの依頼を受けてキルギス友好イメージソング「風の旅人」を発表することになり、同年8月に5万人以上が集まったキルギス共和国の独立記念コンサートに出演した。その後、情報文化大臣から感謝状が贈られている。

そのときの様子を収めたのが話題の動画だ。コンサートを観に来ていたキルギスの女性が三田の歌声に感動し、2月11日にYouTubeに投稿。するとあれよあれよと再生回数は伸び、演歌・歌謡曲としては異例のスピードで100万回を突破した。

三田は、今年8月には自身3度目となるキルギス訪問を予定しており、「風の旅人」のキルギス語ver.も披露する。YouTube効果により、現地での認知度は高まっているとみられるだけに、昨年以上の盛り上がりとなることは間違いなさそうだ。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.