GW限定オオグソクムシの唐揚げ、横浜の人気店「珍獣屋」が提供。

2014/05/03 01:32 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“ウーパールーパーなど変わった食材が食べられる店”として知られる神奈川・横浜の珍獣屋が5月2日から、ゴールデンウィーク企画として「オオグソクムシの唐揚げ」を提供している。注文は、前日までに席の予約をした場合のみ可能。

ニコニコ動画の中継イベントなどにより、いまやネットの人気者となったグソクムシ。オオグソクムシは体長が15センチほどで、世界最大の等脚類であるダイオウグソクムシの半分程度のサイズ感だ。

一般的には食用とはされていないが、今年3月にヨコハマおもしろ水族館(神奈川県横浜市)が開催したイベントではオオグソクムシの揚げ物を提供。実際に食べた人の間では、同じ甲殻類のエビやカニに似た味で、悪くないとの声が多かった。

今回、珍獣屋では50匹を確保したそう。同店がTwitterで告知をしたところ、「食べたい〜!」といった声も多く寄せられており、試してみたいと考えている人は早めに予約をしたほうが良いかもしれない。

なお、オオグソクムシの料理については、4月20日、ヨコハマおもしろ水族館が公式ホームページで「期間限定 横浜中華街の『鳳林』で食べられる!!」と予告(http://www.omoshirosuizokukan.com/565.html)。5月3日午前1時の時点ではまだホームページには「詳細は確定しだい更新していきます」の状態で、詳細は不明だが、オオグソクムシの味が気になる人は、珍獣屋ともども、こちらもチェックしておきたい。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.