バイきんぐ小峠“偶然”からPV、生年月日と同じ名前のバンドと共演。

2014/04/22 06:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


4人組ロックバンドIn 197666(イン ナインティーン セブンティー シックス シックス シックス/以下インナイ)が4月30日に発売する、メジャー1stフルアルバム「Firmament(フィルマメント)」収録の新曲「BouQuet」ミュージックビデオ(http://youtu.be/QYKaPPLQ7cY)が解禁され、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が出演していることがわかった。

2組の出会いは2013年9月、滋賀県で行われた西日本最大級の野外ロック・フェスティバル「イナズマロックフェス」に出演した時のこと。もともとバイきんぐのファンだったインナイが挨拶へ行き、記念撮影など一通り終えそれぞれ楽屋へ戻った直後、小峠がインナイの楽屋へ驚きと興奮を伝えにやって来た。

インナイの楽屋前に貼ってある「In 197666」というバンド名を見てのことだった。口頭の挨拶では気付かなかったが、なんとバンド名の6桁数字「197666」が小峠の生年月日、1976年6月6日と全く一緒だったのだ。

以降、お互いがライブなどでそのエピソードを話していたようで、小峠は2013年12月に放送された人気トークバラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「偶然を愛する芸人」にゲスト出演した際に紹介。それを受け、インナイの所属レコード会社には問い合わせが殺到した。

そうした運命の出会い・エピソードがあり、インナイは「メジャー1stフルアルバムという大切な作品のミュージックビデオに出演して頂くのは小峠さん以外考えられない!」という強い思いを伝え、小峠サイドも快諾。こうして、この“偶然を愛するPV”が完成した。

ミュージックビデオは、小峠主演のラブストーリー。サラリーマンに扮した小峠が、カフェで彼女から別れ話を切り出されるところから物語は始まる。そして最後の最後にあの台詞が……。インナイのメンバーも、ミュージシャン・カフェ店員・通行人に扮し出演している。

撮影を終えて小峠は、「インナイさんのPVに出させて頂き、ありがとう御座いました。途中走るシーンがあるんですけど、監督の指示でこれでもか!というぐらい、ぶっちゃけ、もういいんじゃないか!というぐらい走らされましたけど、そでれもね、すごく良いPVになったんじゃないかと思います。走った後の顔のアップで汗をかくシーンがあるんですけど、今日とっても寒いんですよ。その中でヘアメイクさんが冷たい冷たい液をかけてくるんです。汗をね。僕は今あの汗のことを“毒霧”と呼んでいます。“毒霧”ですよ、あんなものは。めっちゃ冷たい。すごく走ってぜえぜえいった後にあの“毒霧”、たまんなかったですよ。でもね、メンバーの皆さんも温かく見守ってくれて、女優さんも素晴らしい女優さんで、本当に良いPVになったんじゃないかと思います。本当にありがとう御座いました!」とコメントしている。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.