アッキーナ「30歳までに結婚」、ウエディングドレス姿で理想の結婚語る。

2014/04/22 04:20 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


タレントの“アッキーナ”こと南明奈(24歳)が4月21日、都内で行われた映画「結婚前夜〜マリッジブルー〜」(5月10日公開/配給:ショウゲート/提供:ショウゲート 東宝)の公開記念イベントに出席。ウエディングドレス姿で、マリッジブルーや理想の結婚式のイメージなどを語った。

この日、ウエディングドレスを着た南は「胸元のビジューと大胆なフリルがかわいいですね! ウエディングドレスって重いものもあるのですが、これは軽くてとっても着やすいです。これなら何時間でも着ていられそうです!」とご満悦の様子。

プライベートでお笑いコンビ・よゐこの濱口優(42歳)と熱愛中の南だが、好きな男性のタイプは「外見より性格」「やっぱり年上がいいですね!(笑) 私がまだまだ子どもな部分が多いので、うんうんってうまく話を聞いてくれるところが年上男性の魅力ですね」と語った。

ちなみに、自身がイメージする理想の挙式は「日本でたくさんの人に囲まれてやるのもいいですが、ハワイとか海外での結婚式に憧れます!」とのこと。「きれいな写真として残るし、海外ぽく、みんなでダンスするとか、型にはまらず、ラフな結婚式がいいです!」と思いを馳せた。

結婚する相手に求める条件は「自分の両親も大事にしてくれる人がいいですね。私は家族ととても仲がいいので、その輪に入ってくれる人がいいですね!」。自身の結婚をイメージして、マリッジブルーについて聞かれると「私は両親と離れるのがすごく寂しいなと私は思いましたね。マリッジブルーになる女の子は多いんじゃないかな?」と不安を吐露した。

濱口とは堂々の交際を続けているだけに、気になるのはその交際の行方。結婚については「30歳までには結婚できればいいですね。良いご報告ができればいいなと思います」とし、「まだ彼を家族に紹介できていないですし、結婚のお話を具体的にはことないんですが、(濱口は)私がやりたい!ということをしてくれる方だとは思います」とコメントした。

「結婚前夜〜マリッジブルー〜」は、野獣アイドル2PMのメンバー・テギョンらが出演するロマンティック・ラブコメディ。倦怠期、歳の差や国際結婚、できちゃった結婚、過去にワケありなど、マリッジブルーに陥った個性豊かな4組のカップルの騒動を描いている。5月10日(土)、新宿バルト9ほか 全国ロードショー。


☆「結婚前夜〜マリッジブルー〜」ストーリー

天才シェフのウォンチョル(テギョン)とネイリストのソミ(イ・ヨニ)、女医のジュヨン(キム・ヒョジン)と野球コーチのテギュ(キム・ガンウ)、花屋を営むゴノ(マ・ドンソク)とウズベキスタン出身のヴィカ(クジャル)、泌尿器科の課長・デボク(イ・ヒジュン)とウェディングプランナーのイラ(コ・ジュニ)そして、ネイリスト・ソミが済州島で出会ってしまった不思議な魅力を持つ青年・キョンス(チュ・ジフン)。結婚式を1週間後に控えた4組のカップルが陥ったマリッジブルー。それぞれが感じるのは、結婚という人生の大きな決断において湧き起こる喜びの反面の不安な気持ち。「本当にこの人でよいのかな……?」。結婚式当日を前に巻き起こった7日間の大騒動、果たして彼らは無事に結婚できるのか――。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.