渡辺直美が109にブランド1号店、フリーサイズから6Lまで幅広く展開。

2014/04/19 02:19 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いタレントの渡辺直美(26歳)が4月18日、東京・SHIBUYA 109に、自身のプロデュースブランド「PUNYUS(プニュズ)」1号店をオープン。それを記念して渡辺が来店したほか、購入者との握手&写真撮影会が行われた。

この日、囲み取材に応じた渡辺は、開口一番「めっちゃテンション、上がってますね!」と喜び爆発。「ぽっちゃり系も多いんですけど、ガリガリ系も来てるっていう。これ、なかなかじゃないですか?」と客層について触れた後、ぽっちゃり揃いの店員について聞かれると、「私もビックリ」と率直な感想を漏らした。

さらに「ああいう子がカリスマ店員になってくれたら、歴史が動くんじゃないかな」とし、「デブ専の野郎どもが集まってきたら、それもいいなって。そういう出会いがあったらいいですね、アハハハ!……ひどい(笑)」と高笑い。

自身がプロデュースしているだけあって、細部にまでこだわりがあり、例えばスカートはウエストが大きいサイズであればあるほど丈が長く、お腹が収まるようなデザインになっているそう「ゴーストデザイナーはいないんですか?」と聞くリポーターにも、「いないです(笑)。スタッフさんはみんなガリガリなんですよ。大きいサイズは私しか気持ちがわからないので」といった内情を打ち明けた。

「『PUNYUS』を着て欲しい人は?」との質問には、「いろんなジャンルの人に着て欲しいですね」と前置きしつつ、「ローラちゃんとかベッキーさん。モリクミ(森公美子)さん、天童よしみさんとか、お姉様がたにも着て欲しいですね」といったビッグネームを列挙。

続いて、メンズ進出の予定を聞かれると、「できたらいいですけど、サカゼンさんがいますからね」と具体的な店名を挙げるも、フリーサイズから6Lまで用意しているので、男性が着れる服もあるそうだ。

そして「下着への進出は?」との質問には、渡辺自身が米国からの輸入品に頼っている状況があるため、「(サイズがなくて)悩んでいる子もいると思うので、アメリカの下着屋さんで勉強して、しっかりした下着や水着も作っていけたら」といった野望もチラリと覗かせた。

ちなみに渡辺のバストはHカップと明かすと、「男性陣、大丈夫? 興奮してるんじゃないですか?(笑)」と問いかけ、笑いを誘っていた。

なお、「PUNYUS」はSHIBUYA 109店に続き、4月25日(金)には東京スカイツリー・ソラマチ店がオープン。そのほかWEGOの一部店舗での取り扱いも開始する。オンラインストアも開設しており、詳細は公式サイト(http://punyus.jp/)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.