【4月1日】10年続く週刊「スマホを作る」、KDDIとデアゴスティーニがコラボ。

2014/04/01 00:01 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDIは4月1日、デアゴスティーニ・ジャパンとのコラボにより、週刊「スマホを作る」を創刊する。価格は790円(2号以降通常価格1,980円/税込み)。

本シリーズは、デアゴスティーニの「パートワーク」という手法を取り入れ、世界初、読者が自作スマホを作る画期的なシリーズ。スマートフォンを作るのに必要な部品がひとつずつ読者の手元に届き、10年(全520号)というデアゴスティーニでも過去最長期間で完成を目指す圧倒的スケールで届ける特別シリーズだ。もちろん、完成品は10年後も色褪せることのない最新型スマートフォンとなっている。

記念すべき創刊号のパーツは、スマホになくては始まらない「ホームボタン」。また、冊子では毎号、スマートフォンの歴史や素晴らしいスペックやこだわりなどを余すことなく盛り込んでいる。

今回の企画について、デアゴスティーニ・ジャパンは「今まで行ってきた企画のなかで最長のシリーズになります。今や生活になくてはならないものになっているスマートフォン。多くの人が日常生活の中で常に一緒にいるスマートフォンに対して、『もっと愛着を持ってもらいたい』『一生モノを手にしてほしい』という願いから、満を持して『週刊スマホを作る』の発行を決断しました。発行に至るまでにKDDIとは何度も議論を交わしました。今回は完成までに10年間かかりますが、完成品はKDDIの技術を結集した、時代を先取る『最新』スマートフォンとなっております。10年に及ぶ大作を、ぜひご堪能ください」とコメントしている。

ちなみに次号のパーツは「ネジ3個」。スマホ制作と冊子の両方を楽しみながら、スマホへの理解を深めていける内容だ。

「週刊『スマホを作る』」特設サイトは http://www.au.kddi.com/pr/sumahowotsukuru/ 。

※この記事はエイプリルフール向けに作成されたものです。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.