堤幸彦が泣けるAD青春ドラマ、大分市プロモーションの一環で企画。

2014/03/30 08:28 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


「トリック」「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」「20世紀少年」など、数多くの大ヒットドラマ・映画作品を手掛ける堤幸彦監督が企画・総合演出を務めたWebドラマ「ADあべ君」が完成した。4月4日より、公式サイト(http://www.ad-abekun.jp/)で配信を開始する。配信話数は毎週金曜日に2話ずつ、計10話。

「ADあべ君」は、大分市が持つ魅力を効果的に情報発信する「シティプロモーション」の取り組みの一環として制作されたもの。堤監督の下で実際にアシスタント・ディレクター(AD)として働く大分市出身の青年を主人公に、東京のテレビ制作会社で働く彼の日常を、時に笑えて、時に泣ける青春ドラマとして描いた作品だ。

また、同じく大分市出身の俳優・石丸謙二郎がドラマのナビゲーターとして出演。とり天、だんご汁などの「食」をはじめ、「自然」「歴史」など大分市の魅力を新しい形で表現している。

堤監督自身は三重県の出身だが、両親が大分市出身で、幼少期には毎年大分市内で夏休みを過ごすなど、もうひとつの“ふるさと”として大分市と縁があったことから、今回の企画が実現した。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.