新「X-MEN」衝撃の展開が続々、秘密明かされる60秒の最新予告映像。

2014/03/28 12:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“未来”と“過去”の2つの時代を舞台に、史上最強の敵との最終決戦に挑むシリーズ最新作「X-MEN:フューチャー&パスト」が、5月30日に全国公開される。そしてこのたび、これまで秘密のベールに包まれていた衝撃のストーリー、究極のX-MENオールスターの登場、シリーズの集大成に相応しい手に汗握る迫力のアクションシーンなどの数々を盛り込んだ、60秒の最新予告映像が解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=M-sP6lQeEiM)。

時は2023年。X-MENは未曾有の危機を迎えていた。史上“最恐”の兵器「センチネル」によって地球滅亡のカウントダウンが迫る中、その危機の根源を止めるべく、1973年での攻防が繰り広げられていく。

解禁された映像では、未来と過去、双方のドラマが同時進行しリンクしていく大胆な物語が展開。悲劇的な近未来と、史実も絡んだ70年代。2つの時代で迫るタイムリミットが緊迫感を生み、要所での壮絶なバトルアクションで息もつかせない。最後に見せる美しきミスティークの涙の意味とは――。

すべてが規格外のこのプロジェクトに、「X-MEN」オールスターチームが集結した。シリーズ全作に出演したヒュー・ジャックマンはもちろん、“未来”と“過去”2つの時代が舞台になるため、「X-MEN」の中心キャラクターである両巨頭、プロフェッサーXとマグニート役でWキャストが実現。前者をパトリック・スチュワートとジェームズ・マカヴォイ、後者をイアン・マッケランとマイケル・ファスベンダーと、時を超えた豪華共演に興奮が高まる。

さらに、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリーといったオスカー女優を含め、総勢9人ものアカデミー賞・ゴールデン・グローブ賞に絡む豪華キャストが出演。監督は「X-MEN」シリーズの生みの親でもあるブライアン・シンガー監督が務めた。

あの「アベンジャーズ」をも上回る製作費を投じて描く、誰も見たことない超絶シーンの連続とシリーズ初となる3D映像は、バトルアクションのスケール感を倍増。その期待度は、予告映像が全米で初解禁されるや否や、1週間のYouTube再生回数が1,890万回以上を記録したほどだ。これまで劇場公開とDVDを合わせ、全世界総売り上げ7,000億円を超える超巨大シリーズの頂点を極める究極のスペクタクルが幕を開ける。

映画「」は、5月30日(金)、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.