ポリス・ストーリーの予告解禁、ジャッキー超人気作の10年ぶり新作。

2014/03/26 12:52 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


映画「香港国際警察/NEW POLICE STORY」から10年、ジャッキー・チェンの超人気シリーズ「ポリス・ストーリー」の最新作「ポリス・ストーリー/レジェンド」が、6月6日より公開されることが決定した。それに先駆け、予告編映像がウェブで解禁(https://www.youtube.com/watch?v=uwhMUvhTTJs)。中国におけるジャッキー主演作の初日興行収入最高記録を樹立するなど、爆発的な大ヒットとなっている本作、予告篇もファンの期待が膨らむ内容だ。

解禁された予告編映像は、ジャッキーが自らのこめかみに銃口をつきつける衝撃のシーンからスタート。この「ジャッキー、死す!?」の不吉なイメージにはまさしく30年越しのシリーズ総決算というべき緊迫感がみなぎっている。

さらにジャッキーが中国本土の人情派刑事を演じるのは初めてのこと。娘を守り抜く父親というキャラクターも非常に珍しく、まさに異例ずくめの作品だ。

本作は、今まで家庭を顧みず職務に没頭してきたジョン(ジャッキー)が、ひとり娘に会うためにやってきた歓楽街で籠城事件に巻き込まれてしまう。しかし実際にその事件は、他ならぬジョンへの復讐計画によって起こされたものだった。犯人から「父親としても刑事としても失格だな」と言い放たれるジョンは、果たして人質となった娘を救うことが出来るのだろうか――。

何よりファンが待ち焦がれたアクションシーンも予告編の中にしっかりおさめられている。ビルの屋上からのダイブ、カーアクション、そしてハードなアルティメット・ファイトにもチャレンジし、本作でも迫真のアクションを見せてくれていることは間違いない。

また、本予告編の冒頭には「ポリス・ストーリー」ファンにとってはお馴染みのイントロが使用され、昔ながらのファンにも嬉しい映像だ。

ジャッキーは本作について「今回の物語はサスペンスあり、もちろんアクションもある。しかもこれまでの映画とアクションの撮り方が違っていて、僕にとってはチャレンジだった。特にMMA(総合格闘技)でしか見られないようなアルティメット・ファイティングは密度の濃い戦いで、とてもリアルで見た目の華麗さだけでない、動きのひとつひとつが普段のアクションと一味違う。撮影はすごく大変だったけど、その過程をとても楽しんだよ」とコメントを寄せている。

映画「ポリス・ストーリー/レジェンド」は6月6日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。


☆「ポリス・ストーリー/レジェンド」ストーリー

ベテラン刑事ジョン(ジャッキー・チェン)は、ひとり娘のミャオ(ジン・ティエン)に会うため夜の歓楽街にやってきた。家庭を顧みず過酷な職務に没頭してきたジョンは、娘と顔を合わせることすら半年ぶりだ。再会の場所に指定されたのは、全面をコンクリートに覆われた巨大なナイトクラブ“ウー・バー”。娘との慣れない時間を過ごすジョンだったが、そんなとき建物内で揉め事が発生し、仲裁に入ったジョンは突然何者かに殴られ拘束されてしまう。気がつくと、クラブの出入り口は頑丈に閉鎖され、ジョン親子を含む十数人の客は無数の爆弾が仕掛けられた建物内に閉じ込められていた。かくして要塞のごとく堅牢無比のクラブは巨大な密室へと変貌を遂げ、建物を包囲した警察も全く手を出せない。この前代未聞の大量人質籠城事件の裏には、クラブの経営者ウー(リウ・イエ)が長年にわたって綿密に仕組んだ、ジョンの刑事人生にも関わる恐るべき復讐計画が隠されていた…。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.