初対面同士の“初キス”大反響、甘いムードの動画が3日で3000万再生。

2014/03/13 10:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


米国の女性用料品メーカーが制作した、初めて会った人同士による“ファーストキス”動画が、世界で大反響を巻き起こしている。この動画、登場する10組のペアに、カメラの前で思う存分キスをしてもらうという内容だ。

米放送局ABCや米紙ニューヨーク・デイリーニュースなどによると、3月10日付でYouTubeに投稿された「FIRST KISS」(http://www.youtube.com/watch?v=IpbDHxCV29A)は、ロサンゼルスにある女性用衣料品メーカーによって作られたもので、CEOと高校からの友人だったカメラマンのタチア・ピリエヴァさんが制作依頼を受けて撮影した。この作品で“ファーストキス”から生まれるカップルの甘い雰囲気を撮ろうと考えたピリエヴァさんは、全く関わりがない20人の男女に協力を依頼し、スタジオに呼んだそうだ。

そして、お互いに初めて顔を合わせた10組のペアは、ピリエヴァさんの求めに応じてそれぞれの“ファーストキス”を披露。最初の挨拶を交わすシーンでは、全員がまだよそよそしい感じを見せていて、当然とはいえ、最後まで見た後にもう一度見ると、本番のいい前フリに見えるのが面白い。緊張感を自然にほぐしてもらおうと、キスシーンに入るときにピリエヴァさんは「アクション」の声を出さず動きを任せたそうだが、その甲斐あってどのカップルも思い思いの“ファーストキス”を楽しめたようだ。

中には男性同士や女性同士のペアもいて、年齢や民族も含め、多種多様な愛が表現されている形。しかし共通しているのは、どの人もいろいろと自分と異なる点がある相手を受け入れ、ファーストキスだから味わえる「親密なひととき」に酔っていたそうで、ピリエヴァさんの話では「やむなく終わりの声をかけた」ほどキスにのめり込んでしまった人たちもいたという。

とても初めて会った人同士とは思えないほど情熱的な、10組のファーストキスを見せてくれるこの動画。投稿直後から欧米メディアの間で広く紹介されて大きな話題になっており、再生回数はわずか3日間で約3,000万回(3月13日現在)を超えた。

撮影が終わって一緒に食事へ出かけるなど、本当に仲良くなったペアもいるそうで、動画を見てピリエヴァさん自身も感じたという、「仲間外れ」のような気持ちになる人もいるかもしれない。ただ、キスが相手との距離を大きく縮める有効な手段であるのは間違いないと、改めて確認できる動画と言えそうだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.