俊輔と妻夫木“大人”の語らい、CM未公開動画ではラーメン屋の夢も。

2014/03/13 06:50 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の妻夫木聡(33歳)が架空の“大人エレベーター”に乗り、そこで出会ったフロア数に応じた年齢の大人たちと本音で語り合う「サッポロ生ビール黒ラベル」のCM。その第17弾に35歳代表として横浜F・マリノスの中村俊輔選手が登場、3月12日から放映を開始した。

妻夫木がモダンな白いエレベーターに乗り込むと、五角形のエレベーターがどんどん上昇し、階数表示は「35」に。そのエレベーターが到着したのは、黒壁に電飾や星マークが施されたシックなカウンターバーだった。そこに現れたのは“35歳大人代表”の中村俊輔選手。落ち着いた雰囲気のカウンターバーで、2人はじっくりと語り合うシーンが印象的なCMだ。

撮影現場では、妻夫木の質問に真摯に答えていく中村選手から、何度挫折しても這い上がれる心の強さが感じられたという。そして、カラッと揚がったひとくちコロッケを頬張り、黒ラベルをごくりと飲むと思わず笑みがこぼれ、撮影現場も和やかな雰囲気に包まれたそうだ。

CMは「努力とは篇」「誇りとは篇」「名誉とは篇」「嫉妬とは篇」「限界とは篇」「サッカーとは篇」「努力とは篇」「誇りとは篇」「名誉とは篇」「悩むこととは篇」「若いときの自分篇」「自分の評価篇」「中村俊輔ロングバージョン篇」の計13タイプ。また、サッポロビールのホームページ(http://www.sapporobeer.jp/beer/)では、「ラーメン屋になりたかった」という中村選手の幼き日の夢などが語られた、CM未公開の会話をまとめたムービーを公開している。



TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.