“少女が失った日常”衝撃93秒、日常生活が紛争で一変した1年を表現。

2014/03/08 05:39 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


子ども支援専門の国際組織、セーブ・ザ・チルドレンが3月5日に公開した93秒の衝撃的な動画が、世界中で話題を呼んでいる。この動画「Most Shocking Second a Day Video」(https://www.youtube.com/watch?v=RBQ-IoHfimQ)は、紛争続くシリアの子どもたちが置かれている現状を広く知らせるために制作されたもので、YouTubeへの公開2日間で再生回数は1,000万回を突破した。

3年にわたる内戦で、国外へ避難している難民は240万人に達し、1万人以上の子どもが犠牲になったシリア。映像では、平和な日常を送る一人の女の子の生活が、紛争によって1秒ごとに悲劇に変わっていき、その1年後の様子を93秒で表現している。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの宮下礼海外事業部部長は、この動画について「この映像を見た多くの人たちが、衝撃を受け、涙が出てきたと言います。そして、シリアの子どもたちが置かれている現実を変えるために何かをしたいという思いで、映像が広くシェアされています。これは、映像の舞台となったイギリスや、この日本では起こり得ないことでしょうか? この悲劇的な現実をシリアの子どもたちはたった今、経験しています。この93秒の映像が、シリアの問題を解決する一つの契機になればいいと考えます」とコメントを寄せている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.