クジラの尾びれで叩かれた女性、ホエールウォッチングでハプニング。

2014/03/04 11:55 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


大きな体で雄大に泳ぐ姿が間近で見られると、世界でも人気が高いホエールウォッチング。しかし先日、メキシコ沖の太平洋で楽しんでいたカナダ人女性は、思いもよらない衝撃的な出来事を体験したそうで、友人が偶然撮影していた動画が大きな話題を呼んでいる。

この動画は、2月23日付で投稿された「Girl gets slapped in the face by a whale」(http://www.youtube.com/watch?v=pqF2Lr8RkDk)。カナダ放送局CTVや米放送局ABCによると、撮影したのはテイラー・ロイさんというカナダの女性で、彼女は友人のチェルシー・クロフォードさんと5月までの予定で、ボランティア活動を行うためにメキシコに滞在している。その中で、2月22日にメキシコ北西部の街を訪れた2人は、太平洋に出るホエールウォッチングツアーへ参加したそうだ。

そのときに起きた出来事を撮影したのが、今回話題になっている動画。2人は目の前に現れた「4、5頭のコククジラ」に興奮し、ロイさんが携帯電話をクロフォードさんに向けて動画撮影を始め、偶然撮れたものだという。船の目の前に現れた1頭が、愛嬌をふりまくように海面で体を大きく動かしており、一緒に見ている観光客たちも楽しんでいる様子だ。ところが突然、大きなクジラの尾が海面から浮いたかと思うと、そのまま船のほうに接近。勢いそのままに、近くで見ていたクロフォードさんの頭に当たってしまった。

動画はそのシーンで終了しているが、本人の話ではこの直後に「泣き出してしまった」というクロフォードさん。ただ、泣いた理由が「ショックを受けたからか、痛かったからなのか、分からない」と話しており、よほどびっくりしたようだ。幸い、叩かれた影響は「肩にちょっとしたあざ程度」で済んだというが、クジラの尾は「硬くて骨っぽかった」そうで、当たりどころやぶつかる程度が違っていたら、もっと大きなけがをしていた可能性もあった。

しかし、時間が経って予想外の出来事を「笑えるようになった」という2人は、「カナダの家族や友人に見せたいくらい面白い」と撮影した動画をYouTubeへ投稿。その結果、動画は家族や友人どころか世界中から大きな注目を集め、多くの欧米メディアでも取り上げられて、再生回数は390万回(3月4日現在)を超えている。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.