ウシジマ巡る八つ巴サバイバル、映画「ウシジマくん2」予告編解禁。

2014/03/04 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優・山田孝之(30歳)主演の人気作、映画「闇金ウシジマくん Part2」の予告編が、3月4日に解禁された(https://www.youtube.com/watch?v=IEIl8VJWcNk)。この予告編では、先日発表されたSuperflyによるイメージソングも初公開されている。

解禁された予告編は、金におぼれ、欲に支配された者たちが次々と現れ、ウシジマへの逆襲をはかり、「ウシジマシリーズの最大の危機」を迎える最高にスリリングな内容。ストーリーは原作の名エピソード「ヤンキーくん」編と「ホストくん」編をメインにアレンジしているが、さらにオリジナルキャラクターやストーリーも盛り込んで、原作のスピリットを完璧に活かした重厚でスピード感のある群像劇に仕立てられている。

アクションとバイオレンス、特濃の人間ドラマと悲喜劇、すべてが前作よりスケールアップしているのが「闇金ウシジマくん Part2」だ。闇金vs.ヤンキーvs.暴走族vs.女闇金vs.極道vs.ホストvs.風俗嬢vs.ストーカーvs.情報屋、ウシジマをめぐる八つ巴(やつどもえ)の生存競争、サバイバル・バトルが冒頭からラストまでノンストップで描かれる。

さらに本作のイメージソングである、Superflyの「万華鏡と蝶」がウェブで初公開。Superfly史上初となる“ほぼ英語歌詞”で構成した、アッパーで攻撃的な楽曲だ。主題歌もSuperflyが担当し、イメージソングとは雰囲気の異なる、壮大なバラード「Live」が本編をより一層盛り上げていく。

楽曲を聞いた山田は「作品のスピード感と見事にマッチした『万華鏡と蝶』はSuperflyのパワフルで攻撃的な歌声で加速していき作品に勢いをくれた。そしてメインテーマの『Live』ではSuperflyのもう一つの良さでもある儚く優しい歌声で作品を見た人々に希望や勇気を与えてくれた」とコメントを寄せている。


映画「闇金ウシジマくん Part2」は、5月16日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ、新宿バルト9ほか全国公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.