有村架純が見せた“素の笑顔”、実際に仲の良い友だちとCMで女子旅。

2014/03/04 06:31 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


女優の有村架純(21歳)が、東芝の「写真が送れるSDカードFlashAir(フラッシュエア)」のイメージキャラクターに起用され、CM「女子旅でシェア」篇の放映が始まった。

今回のCMは、「いつでも どこでも 撮ったその場で感動をシェアできるSDメモリカード」とのコンセプトにちなみ、有村が実際に仲の良い同事務所の野村麻純(23歳)、小篠恵奈(20歳)と一緒に旅行での1シーンに挑戦した内容。CM撮影に挑むにあたり、数日間、1つ屋根の下で一緒に生活をした3人。より仲の良さを深めた3人のリアルな女子旅を描いた今回のCMは、一緒に写真を撮ったり、風景に感動しながら垣間見える有村の“素の笑顔”が見どころとなっている。

撮影は鎌倉で行われた。当日はあいにく肌寒い薄曇り、しかも午後から雪の予報が出ていた中、早朝から寒風の海岸でのロケという決して良いコンディションではなかったが、そんな逆境を吹き飛ばすような有村たちの明るい表情に、逆にスタッフが励まされるような撮影現場の雰囲気になっていたという。

有村は撮影で実際に「フラッシュエア」を使ってみて、「カメラに入れたままでも皆のスマホに写真が飛ばせるっていうのがフラッシュエアを使っていて、とても便利なものだと実感しました。フラッシュエアがあれば、もっともっと皆で楽しさを共有できると思います」とコメント。

また、「私は仕事で地方に行った時に風景とかをよく写真で撮るんですけど、これからフラッシュエアがあれば、もっともっとそういった写真を皆でシェアできると思うので、とっても盛り上がれると思いました」と、思い描いた使い方のイメージを語った。

ちなみに「いま、一番シェアしたいもの」については「私は友だちと過ごす時間がとっても好きなので、一緒に出掛けた場所で一緒に写真を撮ってシェアしたいと思います」とのことだ。

なお、CM本編やCMのメイキングムービー、有村からのコメントなどは「フラッシュエア」スペシャルサイト(http://www.flashair.info/)に掲載されている。

「フラッシュエア」は、カメラに入れるだけでWi-Fiカメラになる、無線LAN機能を搭載したSDHCメモリカード。スマホとの間でローカルなネットワークを形成するので、3G/4Gの通信網やWi-Fiアクセスポイントなど、ネット環境がない場所でも使うことができる。最大7人と同時シェアが可能だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.