大学生11人が見た福島のいま、映画「いわきノート」無料上映会実施。

2014/02/14 15:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


“福島の人たちの声を世界に届ける”を合言葉に、福島県いわき市で大学生11人が取材・撮影を行ったドキュメンタリー映画「いわきノートFUKUSHIMA VOICE」が完成した。それに伴い、いわき、つくば、東京にて、2月から3月にかけて完成披露無料上映会を実施する。

「いわきノートFUKUSHIMA VOICE」は、筑波大学の多領域にわたる専門分野と芸術とが共同し、学生とともに被災地の多様なニーズに応えることを目的に、創造的復興をめざすプロジェクト「筑波大学創造的復興プロジェクト」がいわき市で取材にあたったドキュメンタリー。

いわき市は福島県の南部に位置し、かつて炭鉱のにぎわいや、映画「フラガール」で知られる街。東日本大震災では446人が犠牲となり、現在、福島第一原発の周辺町村から2万人以上の避難者を受け入れている。

環境変化のストレスや風評被害が住民たちにのしかかる状況の中、同市では「未来会議in いわき」が開催されており、市内外から職業も年齢も考えも異なる人々が集い、自らの経験や思いを語る。カメラは偶然に出会った人々による対話が無数に発生し、過去から現在そして未来に向けて対話が発展する様子を追った。

丹念に取材した結果、撮影素材はのべ90時間。本編では人々言葉と市内の情景とが、人々の声を紡ぐ映像として構成されている。

無料上映会は2月16日にいわきアリオス小劇場、21日に筑波大学大学会館ホール、3月2日に渋谷UPLINK。入場無料、先着順定員制で、整理券を配布する。詳細はUPLINKのホームページを参照(http://www.uplink.co.jp/event/2014/23493)。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.