車に轢かれるも祖母気遣う5歳、事故の瞬間を捉えた映像に驚きの声。

2014/02/13 13:15 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブラジルで先日、交通事故に巻き込まれた男の子と祖母が大きな注目を集めた。1月21日の午後、学校から一緒に自宅へと向かっていた2人は、途中でハンドル操作を誤った暴走車と遭遇。暴走車は路上に駐車していた車に激突し、弾みで動いた車に2人は轢かれてしまった。幸い2人とも軽傷で済んだそうだが、それが奇跡的と言えるほど衝撃的な事故の瞬間を捉えた映像が公開され、多くのブラジル国民が驚いたそうだ。

ブラジル放送局ヘジ・グローボやゴスペル・プライムなどによると、悲惨な事故に遭いながらも軽傷で助かったとして注目されたのは、ブラジル中部にあるゴイアス州アナポリスの学校に通う5歳の男の子と56歳の祖母。当日の午後3時前、祖母は学校へ孫を迎えに行き、2人で一緒に自宅へ帰ろうとしていた。そしてその途中、不幸にも2人は近くで発生した交通事故に巻き込まれる形で、車に轢かれてしまう。

そのときの様子を撮影していた防犯カメラの映像が、1月22日付けでYouTubeにも投稿された「How did they survive Boy and woman's lucky car smash escape」(http://www.youtube.com/watch?v=5aoyl8moH-k)。ショッキングな映像のため閲覧する場合は充分注意していただきたいのだが、まず、画面手前を歩いている2人の先で衝突事故が起こる。かなりのスピードで彼らの方へ向かってくる車と、横道から出て来た車。スピードを出していた車は衝突の衝撃でコントロールを失い、さらに路上に止まっていた白い車に突っ込んでいく。この状況に気付いた2人は慌てて脇へと逃げようとしたが、弾みで動かされた白い車を避けられず、2人とも倒されて後輪と前輪とで相次いで轢かれてしまった。

特に男の子は、後輪で背中の上を轢かれたあとに前輪が頭の上を通過。しかし彼はすぐに立ち上がると、足を轢かれて立ち上がれない祖母へと近づき、心配そうに見守っている。祖母はこのとき、彼の鼻と口から出血していたことに気付き、孫が「頭の骨を折ったのではないか」と大きな不安を感じたそうだ。

間もなく事故を目撃した通行人らによって救急車が呼ばれ、2人は病院へと運ばれたそうで、孫の状態を心配する祖母の話を聞いた医者が綿密な検査を行ったものの、男の子は数か所に傷ができた程度の軽傷と診断され、その日のうちに退院。祖母も足の軽傷だけで済み、翌日には退院したという。

2人が巻き込まれた事故のニュースはブラジルのメディア内で広く報道され、あまりに衝撃的な事故の瞬間の映像には、多くの人が2人が軽傷で済んだのが「奇跡」と思うほど衝撃を受けた様子。同時に、自分の状態を顧みずに祖母を気遣った男の子が「ブラジル中の視聴者に感動を与えた」とも報じられており、2人の絆の強さがよく分かる行動に心を打たれた市民も少なくないようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.