ピーター・パン求婚に劇場熱狂、号泣ウェンディの「イエス」に大歓声。

2014/01/20 18:30 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、スコットランドで行われたミュージカル「ピーター・パン」を観に訪れた観客たちは、通常の公演にはなかった“特別な結末”を目の当たりにした。舞台の最後、歌を唄い終えたところで、主役のピーター・パンが突如、実際に交際を重ねながら同じ舞台に出演していた女優へのプロポーズを決行。号泣する彼女も承諾し、舞台上で抱き合う“ピーター・パンとウェンディ”によるハッピーエンディングを目撃したのだ。ほかの出演者や観客たちは、歓声を上げて2人を大いに祝福したという。

英紙スコティッシュ・デイリー・レコードやメトロなどによると、出演者によるプロポーズが行われたのは、グラスゴーにあるハイドロ・アリーナというホールで上演されたミュージカル「Peter Pan: The Never Ending Story」。ワールドアリーナツアーと銘打って、欧州8か国とドバイの各会場を巡る上演を2012年から行っているこの舞台で、主役を務める28歳のオランダ人俳優サンドール・スターブルさんは、ウェンディ役として同じ舞台に立つ22歳の英国人女優リリー=ジェーン・ヤングさんと、1年以上前から交際を重ねていた。

2人の愛も順調に育みながら、上演会場はオランダやスイス、ベルギーに続いて2013年12月から英国内に。そして1月11日に迎えたグラスゴーでの公演で、スターブルさんは特別な意気込みを持って舞台に臨んだという。

ヤングさんの出身地であるグラスゴーでプロポーズを決めたいと考えていた彼は、彼女に内緒でスタッフに協力を要請。彼女の家族を会場に招待するなど、予め準備を進めていた。つまり、この日の舞台はプライベートにおける“大舞台”でもあったスターブルさん。当日も主役を順調にこなした彼は、いよいよ話の終盤に差し掛かり、残すはフィナーレを飾る出演者たちによる歌唱シーンとなったとき、役のピーター・パンから現実のスターブルさんへと戻った。

そのときの様子を紹介しているのが、1月14日付でYouTubeに投稿された動画「Peter Pan marriage proposal at SSE Hydro in Glasgow」(http://www.youtube.com/watch?v=1NOzkyhA-aQ)だ。

流れていた音楽が途中で止まり戸惑っているヤングさんを尻目に、彼女と実際に交際していた事実を観客に明かし、「今日はいつものショーではありません」と語り出すスターブルさん。そして彼が「結婚」という単語を口にした瞬間、見守っていた出演者や観客たちからは歓声が上がり、事情が分かった彼女も前のめりになって泣き出す。最後に、片膝をついた彼からプロポーズの言葉を切り出された彼女が「Yes」と返事すると、最高潮に達した会場の盛り上がりにも負けない勢いで2人は抱き合い、指輪を彼女の薬指にはめて熱いキスを数回。マイクを通して聞こえてくるキスの音が、2人の愛の深さを伝えているかのようにも思える。

この舞台上でのプロポーズは英メディアを通じて欧米でも話題となっており、投稿された動画も約230万回(1月20日現在)の再生回数を記録している。プロポーズに成功した後、温かい拍手で祝福してくれた大勢の観客たちが「素晴らしかった」と話し、一層の幸せを感じた様子のスターブルさん。ミュージカルは2015年5月からのトルコ公演まで続く予定となっていて、新婚旅行にもなりそうなこれからのツアーは、2人にとってさらに充実したものとなるに違いない。


TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.