乗客250人の“サンタへの願い”叶える、航空会社のサプライズに称賛。

2013/12/14 07:51 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


いよいよ今年もクリスマスを目前に控え、サンタクロースに何をもらうかプレゼントの中身を決めた子どもも多いことだろう。そうした中、カナダでは一足早くサンタに願いを叶えてもらった、とても幸運な人たちがいる。カナダ南東部の街ハミルトンとトロントから中部のカルガリーへ向かった飛行機の利用者、総勢約250人だ。彼らの“願い”が叶った様子は航空会社によって動画で紹介され、再生回数が2,000万回に達するなど大きな話題を呼んでいる。

これはカナダのウェストジェット航空が12月8日付でYouTubeに投稿した「WestJet Christmas Miracle: real-time giving」(http://www.youtube.com/watch?v=zIEIvi2MuEk)という動画。カナダ放送局CTVやCBCによると、動画は最近同社のハミルトンとトロントからカルガリーに向かった2便を利用した乗客たちを対象に、撮影したものだ。乗客たちはトロントとハミルトンの空港で、同社がこの日のために用意した特別装置で搭乗手続きを行った。乗客たちは、大きなプレゼントの箱のような装置にチケットをかざして手続きを開始。すると箱のスクリーンにサンタクロースが映し出され、乗客に向かって話しかけてくるのだ。

実はこれ、ウェストジェット航空が今年8月から考えていたというクリスマスサプライズイベント。画面に登場するサンタクロースは、別のスタジオから実際に乗客たちと会話をやり取りしていて、「クリスマスに何が欲しいか」と1人1人から聞き出す。そして搭乗手続きが終わり、乗客の名前と欲しい物が書かれた一覧が出来上がると、同社が集めたボランティア175人が一斉に街中へ買い出しへ出発。カルガリーに到着するまでの約4時間の間に、要望された服やおもちゃなどから、タブレット端末に大型テレビまで、全てのものを買い揃えたという。

そして、何も知らずにカルガリーに到着した乗客たち。荷物の受け取り口に向かった彼らの前に、自分たちの荷物より先に、渡される相手の名札が付けられた大量のプレゼントの箱が流れてくる。自分が欲しいとサンタに願ったテレビをもらったという女性は、カナダ放送局CTVの取材に「泣きそうになった」と喜びようをコメント。ラッキーだった約250人の乗客たちは、誰もが思いがけないサンタクロースからのプレゼントに大はしゃぎだったようだ。

さらにウェストジェット航空では、再生回数が20万回を超えたら寄付団体を通じて「必要としている家族にクリスマスの便が利用できるよう手配する」として、今回の動画を投稿。すると、このサプライズ動画は北米のメディアで広く紹介されたすぐに話題を呼び、翌日には100万回を記録した再生回数は、12月14日時点で2,000万回超に達した。そんな注目を浴びるこの動画を見て、皆さんも一足早く、クリスマスの暖かな雰囲気を味わってみてはいかがだろうか。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.