しょこたん緊迫宇宙事故レポ、“ニュース速報”伝える特別映像公開。

2013/11/29 03:36 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


宇宙でミッション遂行中のスペースシャトル・エクスプローラー号で大事故が発生し、宇宙飛行士の2名が船外に放り出された。人類初の宇宙空間での未曾有の事件を、中川翔子レポーターが緊迫の面持ちで伝える――そんな映画「ゼロ・グラビティ」の“ニュース速報”映像が公開された(http://www.youtube.com/watch?v=dUIwRqox8_g)。

この“ニュース速報”は、「ゼロ・グラビティ」のプロモーションの一環で展開されている企画で、全3本のニュース映像で中川が続報を伝えながら、作品のPRをする仕掛け。中川は「いま宇宙の中で、地球に生きる人類なら、全員観て欲しい」と絶賛しており、「大ヒット!ミッション・サポーター」として、本作とのコラボレーションが実現した。

「ゼロ・グラビティ」は第70回ベネチア国際映画祭のオープニング上映、続く第38回トロント国際映画祭での特別上映で、極限状況下での魂を揺さぶる感動の人間ドラマに、世界各国から集まったメディアと批評家たちから称賛を浴びた作品。実際に宇宙で撮影されたかのようなリアリティ溢れる映像体験に世界中が熱狂している。

12月4日には、満を持して主演サンドラ・ブロックが来日。都内会場にて来日記者会見に出席し、翌5日には、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されるジャパン・プレミアイベントに登壇する予定だ。

2日間のイベントには、「天国の口、終わりの楽園。」でアカデミー賞にノミネートを果たし、大ヒット作「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」を手掛けた鬼才アルフォンソ・キュアロン監督、「ハリー・ポッター」の全シリーズを大ヒットへと導き、本作の製作を務めたデイビッド・ヘイマンも登場。ブロックの来日は、2006年9月の「イルマーレ」PR以来7年ぶり5度目となる。

東日本大震災でもすぐに義援金を出した親日家として知られ、本作で2度目のアカデミー賞主演女優賞獲得に期待がかかる彼女から、どのような発言が飛び出すかにも注目だ。

映画「ゼロ・グラビティ」は12月13日(金)全国ロードショー(3D/2D同時公開)。


☆「ゼロ・グラビティ」ストーリー

地表から60万メートル上空。すべてが完璧な世界。そこで、誰もが予測しなかった突発事故が発生した。

スペース・シャトルは大破し、船外でミッション遂行中のメディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)は、無重力“ゼロ・グラビティ”の宇宙空間に突如放り出されてしまう。漆黒の闇で二人をつなぐのは、たった一本のロープのみ。他の乗組員は全員死亡。NASAとの交信も断たれ、残った酸素はあとわずか。次々と襲いかかる危機を突破し、果たして地球に無事生還することができるのか…!?

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.