岡村隆史“原点”の大阪ぶらり、特に関係ない板東英二も姿見せる。

2013/11/25 02:07 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史がホストを務める生配信トーク番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」の最新回が11月24日、YNNほかにて生配信された。夜9時ごろまで続いた大阪を巡る旅は、途中、“復帰”したばかりの板東英二が登場するなどサプライズもあったようだ。

今回の「めちゃユル」は、「岡村隆史の原点(ゼロ)をめぐる旅」と題して大阪より生配信。新大阪駅を出発した一行は難波へと向かい、ここで案内役となる、へびいちご高橋智が合流した。

ナイナイの原点とも言える「吉本印天然素材」。チュパチャップス(宮川大輔・ほっしゃん。)、へびいちご、ナイナイの3組は同期で、岡村は常々へびいちごを気に掛けてきたそうで、ついに「めちゃユル」での共演が実現した。

高橋の先導のもと、千日前を歩き、一行は笑いの聖地なんばグランド花月へ。サングラスに帽子を深々と被る変装を施すも、高橋も驚きを隠せないほどの「めちゃユル」スタッフの多さもあり、千日前はたちまち人だかり。人波を分けてNGKの正面口から入ると、「めちゃユル」24時間配信でお馴染となった「コメディ水戸黄門」のいじり、月末に予定された「プリンセス天功のよしもと摩訶不思議花月」やよしもと芸人の懐かしの写真に触れつつ、楽屋へ入った。

そこで待ち受けていたのは、NGK公演への出演を控えた面々。新喜劇の末成由美、未知やすえやMr.オクレ、さらにティーアップ、中川家、もりやすバンバンビガロらも登場し、ユル〜い絡みを楽しむ。

高橋の案内の下、吉本としての原点であるNGKを楽しんだ岡村は、続いて場所を移動し、5upよしもと劇場の上、NSC(吉本総合芸能学院)とYCC(よしもとクリエイティブ・カレッジ)の稽古場へ。

懐かしのよしもと社員や講師の構成作家、そして現役生徒と、なかなかの濃い絡み。「めちゃユル」らしいユル〜い空気を楽しむ岡村の一方で、この日の配信に向けスタッフと入念な打合せを行ったという高橋は、時間管理にも真面目に取組み「(時間が)押してます!」と次への移動を促す。

向かった先は、岡村が最近行きつけという近くの喫茶店。さらに岡村隆史の原点となる人を用意したという高橋。ここでまず登場したのは、高橋の相方・島川学で、3人の懐かし話に花が咲くと、続いてNSC大阪8期、岡村たちの1期上の先輩で精神疾患のため10年の芸能活動休止を得て復帰したという石野桜子が驚きの登場。

さらに続いて、「原点関係あらへん」と岡村が言う驚愕の人物が姿を見せた。約1年お茶の間から姿を消しながら、先日記者会見を行った板東英二だ。「こんな大声でしゃべるのも1年ぶり」とカメラの前への登場を喜ぶと、冒頭「マジカルバナナ」を3人で行うなどさっそくハイテンション。最近は「自分でご飯を作って、子どもと一緒に野球をやったり」、さらに「手話を習っている」という板東は、「大きな声出してうれしかった!」と短い出演を楽しんだ。

なお、今回の「めちゃユル」の模様は、11月25日(月)より、YNNにて有料のアーカイブ配信を行う。URLは http://ynn.jp/ 。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.