ディズニー新作の瑛太ver.映像、「プレーンズ」で日本語吹替に挑戦。

2013/11/12 12:20 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優の瑛太(30歳)が日本語吹替声優に初挑戦した、「カーズ」の世界につながるディズニー最新作「プレーンズ」の本編特別映像(http://www.youtube.com/watch?v=7NkAeiGteVc)が完成。11月12日に“瑛太ver.”が解禁された。

今回、瑛太が演じるのは、本作の主人公・ダスティ。彼は世界最速のレーサーを夢見る飛行機だ。しかし、農場で働く飛行機でありレース用の飛行機ではない彼は、レーサーの夢を周囲に反対されていて、その上高所恐怖症。それでも大きな夢ひたむきに追い続け、どうしても諦められない飛行機――というキャラクターだ。

今回公開された特別映像は、瑛太演じるダスティが農薬散布の仕事をしている、本編序盤のシーン。仕事中に“自由に空を飛び回る”夢を見ていたダスティは同僚のレッドボトムに「何をやってる! 夢でも見てたか」と注意されると「問題はないだろ、単純な仕事だもん。真っ直ぐ飛んでUターン・真っ直ぐ飛んでUターン」と農薬散布の仕事に不満を漏らしている。

飛行機なのに同じ所を飛び続ける今の仕事に満足していないダスティは「農薬散布機で終わりたくないの!」とレッドボトムに伝えるが“くだらない夢は諦めろ”と言われてしまう。しかしダスティは「夢でも無いよ!僕は小回りがきくし、加速力もあるしさ!」と健気にアピールする姿が愛くるしい。

さらに、驚くのは映像のダスティから瑛太の顔が全く浮かばない程のハマりっぷり。まさにダスティのキャラクターをそのまま感じられる出来に仕上がっている。

誰もが「無理だ」と断言する“夢”を諦める事ができず、悩みながら一歩を踏み出すダスティの勇気に全世代の胸をうつ、感動のファンタジー・アドベンチャー「プレーンズ」は、12月21日全国一斉公開。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.