タイバニ声優が劇場版アフレコ、水樹奈々や小山力也ら含む11人コメント。

2013/10/26 00:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


テレビシリーズの“その後”を描いた完全新作で、2014年2月8日に公開される「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」。その前売券第2弾の発売にあわせ、10月26日、90秒予告編が解禁された(http://www.youtube.com/watch?v=8g-lEGSWXD8)。また、キャスト陣のアフレコ後のコメントが到着。本作で新たに登場し、シュテルンビルトを襲う3人の謎のNEXTのキャラクターとCV(小山力也、水樹奈々、麦人)、アポロンメディア新オーナーのCV(大塚芳忠)が解禁となった。

完全新作となる「The Rising」は、テレビシリーズ終了の数か月後からスタートする。2部リーグのヒーローとして気分も新たに活躍していたワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックス Jr.のコンビ。だが、能力が減退した下り坂のワイルドタイガーと、また1部リーグに戻りたいと思うバーナビーとの間には複雑な感情が流れるようになっていた。

そこに降ってわいたバーナビーの1部リーグ復帰。しかもその相棒は、新ヒーロー、ゴールデンライアン(ライアン・ゴールドスミス)だという。これは、ワイルドタイガーとバーナビーが所属する総合メディア企業「アポロンメディア」の再建を進める新オーナー、マーク・シュナイダーの発案だった。そして時を同じくして、シュテルンビルトの各所で、街に古くから伝わる女神伝説になぞらえた不可解な事件が連続するようになる……。

今回、アフレコに臨んだ声優陣のコメントは次の通り。

質問1.アフレコを終えての感想
質問2.演じたキャラの見どころ
質問3.ファンへメッセージ

◎寿美菜子 役名:カリーナ・ライル(ブルーローズ)

回答1.久しぶりのタイバニは、とっても懐かしい気持ちになりました。そして楽しかったです。やっぱりタイバニはいいですね!

回答2.ブルーローズをはじめとするヒーロー達の戦闘シーンは今回も必見です。

回答3.お待たせしました!最終話からの続きのお話です。ヒーロー達のいつもの顔や、新しい顔を楽しんでいただけるはずです。ぜひ 2/8劇場でご覧ください。


◎楠大典 役名:アントニオ・ロペス(ロックバイソン)

回答1.1年ぶりのアフレコなので、一つ一つを丁寧に作り上げていく感覚が楽しかったですね。

回答2.ヒーロー達それぞれの細かいところまで掘り下げて描かれているので、是非そういった部分も楽しんで下さい。もちろん、新キャラにも注目して下さい。

回答3.僕たちも楽しみにしているので、是非皆さまも楽しみに待っていて下さい!公開日にはぜひ一緒に盛り上がりましょう。


◎伊瀬茉莉也 役名:ホァン・パオリン(ドラゴンキッド)

回答1.終わっちゃった〜!という感じです。昨年、TIGER & BUNNY ワールドプレミアで<劇場版 第二弾 製作決定!>が発表された時、会場にしたファンの皆さんが物凄く興奮して喜んで下さったんです。私も早くまたヒーローのみんなに会いたい!シュテルンビルトのみんなを守らなきゃ!と思っていたので(笑)第二弾の台本を頂いた時は武者震いしました!だってドラゴンキッドが…!!タイガーが!!バーナビーが!!みんなが…!!!

回答2.ある敵のNEXT能力で仲間がピンチになるのですが…今までにないドラゴンキッドの一面が見られます。それとヒーローそれぞれ成長してたり変化があるのですが、外見的な変化でいうとパオリンが一番変わったかもしれません♪

回答3.タイバニ大好きなシュテルンビルトの皆さん!!一緒に楽しみましょう!!!
私も早く完成品を観たいです!!


◎津田健次郎 役名:ネイサン・シーモア(ファイヤーエンブレム)

回答1.劇場版というだけあって、さらに気合いの入った収録現場だったと思います。長丁場でしたが、やりきった感はあります。

回答2.新キャラが登場して、今までとはちょっと違う雰囲気を醸し出しているところも面白いです。また、今までのヒーロー達も悩みや葛藤を抱えていて、それをいかに乗り越えていくかというところは、見て下さるお客さんにも当てはまる等身大の人間として描かれているので、そういうところも楽しんでいただきたいです。

回答3.TV シリーズからはじまって、「The Beginning」、そして「The Rising」までたどり着いたのは、応援してくれる皆さまのおかげなので本当に感謝しています。皆さまの期待に応えられる作品になっているので、ファイヤー楽しみにしていてちょうだい


◎井上剛 役名:キース・グッドマン(スカイハイ)

回答1.とても楽しみにしていた収録でしたし、またキャストの皆さんとご一緒できたのは嬉しかったです。スケジュールの都合で僕は録り終わりが一足遅くなってしまいましたが、今まで通り本当に楽しい現場でした。とにかくですね、寂しいです!寂しいですよ、とにかく!(アフレコ終了後の)打ち上げに行きたかった…。

回答2.今作のスカイハイ及びキースは、かなりシリアス色が強いかも知れないですね。空気が読めるキング・オブ・ヒーロー!素晴らしい!実に素晴らしい!TV シリーズを経てのキースのプライベートシーンは貴重ですぞ!ED まで気を抜かないで下さいね(笑)

回答3.マーベリックの事件を乗り越えたヒーロー達の関係性は何だか微笑ましいものがありますし、それどころかもうホントに色んなことがあるんですが、どこまで書いていいのかわからないのでもう書けない!是非劇場で Rising の意味を感じて頂きたいです!ハイ!


◎岡本信彦 役名:イワン・カレリン(折紙サイクロン)

回答1.今回は本編後の話ということで久々にみなさんの声を聞けて嬉しくなりました。イワンも成長していてヒーローらしくなっていて初期のようなポンコツさはなく、むしろ頼もしい印象も受けました。話もヒーローみんなの魅力がいっぱい詰まった物語なんじゃないかと思います。新キャラクターもかっこいいですよね。何より今回はいっしょに収録出来て嬉しかったです。

回答2.やっぱり成長してるところを見てほしいですね。前回の映画でヒョロヒョロだった手裏剣をちゃんと投げることができているところをみてください。あと、外見も変わっているところを見てください。髪の毛が伸びているんです!片目が完全に隠れるレベルで伸びているので、外見から受けるネガティブな印象は強くなっています。

回答3.敵のキャラクターたちも個性豊かなキャラクターが多く、そっちにも注目しながら見てほしいなと思います。個人的には二部ヒーローにスモウサンダーというキャラクターがいるのですが、すごい気になります。細かいところまで気になるところが多いタイバニなので、隅々まで見てもらえたら嬉しいです。


◎遊佐浩二 役名:ユーリ・ペトロフ(ルナティック)

回答1.前回からかなり時間が経ったので、緊張しましたが、すんなり役に入り込めました。メンバーも相変わらずで楽しかったです。劇場版のゲストキャラもいい味出してましたし、やっぱりタイバニはいいですね。

回答2.キャラの特性上、あまり多くを語れません(笑)ただ、今回の彼の行動の真意については皆さんも考えてみてほしいです。

回答3.タイバニらしさが全面に出た作品です。ぜひ劇場に足を運んで彼らの活躍を観て下さい! あ、それから、収録時の写真には写っていませんが、別日ではありません(笑)なぜかヒーロー達と一緒にはしてもらえませんでした(笑)


以下、新キャラクター。

◎大塚芳忠 役名:マーク・シュナイダー(アポロンメディアの新オーナー)

回答1.噂にたがわず、すごいクオリティでした。まさに、アメリカン・コミックの実写版を吹き替えているかと錯覚する程でした。オーナー役をやれる幸せをつくづく感じながら仕事させていただきました。

回答2.監督のこだわりというものはハンパじゃありません。これ程細部にわたり、緻密に仕上げられた作品もあまり、無いんじゃないでしょうか。私も、呼吸ひとつ、叫びひとつ、小さなアドリブまで考え抜いて演じました。どうかお楽しみに!


◎水樹奈々 役名:カーシャ・グラハム(シュテルンビルトを襲う謎のNEXT)

回答1.カーシャは、どんな時もとにかくセクシーが溢れて止まらない!というキャラクター説明をいただき、振り切った役作りにチャレンジさせていただきました!(笑) これまでにない自分の扉を開けられた気がします(笑) ヒーロー達と戦うことができて楽しかったです!

回答2.激アツだけど笑ってほっこりできる、でもカッコ良くてスカッ!とできるヒーロー達のストーリー!バトルはもちろん、熱いドラマにも注目です!みなさんぜひ楽しみにしていて下さいっ!


◎麦人 役名:ジョニー・ウォン(シュテルンビルトを襲う謎のNEXT)

回答1.劇場版・新登場のキャラ!恐るべきジジィの能力、七節棍をとくとごらんあれ!!息切れせんよう、 現場でガンバりました!

回答2.お愉しみ下さい!!


◎小山力也 役名:リチャード・マックス(シュテルンビルトを襲う謎のNEXT)

回答1.台詞は至ってシンプル&クールなんですが、武器、得意技、必殺技が、なかなかどうして、なかなか大変、いえいえ、ホントにホントに楽しい愉しい収録でした!楽しかったあ!!持てる技、持てない技まで気合を込めて駆使致しました!!(ま、まさか、カットされてないやろなあっ!?)

回答2.色とりどり、性格とりどり、能力とりどりのヒーロー達やヒール達が、縦横無尽、疾風迅雷、怒涛の大活躍、大活劇を繰り広げます。僕が演じます“あの男”は、なんとナント『○○』が武器、得意技なんですよ!!あっと驚く事、ウワッとサプライズドになる事、間違いなし!!どうかどうか、何卒何卒、乞う御期待!!


映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」は2014年2月8日(土)公開(配給:松竹/ティ・ジョイ


☆「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」ストーリー

一度引退を決意したもののヒーローに復帰したワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹とバーナビー・ブルックス Jr.。復帰から数か月後、2部リーグのヒーローとして活躍する2人は、相変わらず言い合いをしながらも日々、街の事件の解決に取り組んでいた。

そんな中バーナビーは、スカイハイ、ブルーローズ、ドラゴンキッド、ファイヤーエンブレム、折紙サイクロン、ロックバイソンらHERO TVで活躍する1部リーグのメンバーを見て、1部リーグに復帰したいとこぼす。虎徹はバーナビーを諭しつつ複雑な思いを抱くのだった。

一方、“マーベリック事件”によりオーナー不在となったアポロンメディアは、新たにカリスマ実業家のマーク・シュナイダーを新オーナーに迎え会社の立て直しを図っていた。その一環として、シュナイダーはバーナビーを1部リーグへ復帰させる。だが、バーナビーの相棒はワイルドタイガーではなく、シュナイダーがスカウトした新ヒーロー、ゴールデンライアン(ライアン・ゴールドスミス)だった。

バーナビーとゴールデンライアンの新コンビの活躍を見た虎徹は、2部リーグでの自身の活躍を誓う。だがしかし、虎徹には厳しい現実が待っていた。

時を同じくして、シュテルンビルトでは街に古くから伝わる女神の“影”があらわれたことをきっかけに奇妙な事件が起こりはじめていた。女神伝説になぞらえた一連の事件には、怪しげな三人のNEXTの姿が。事件の解決を待たずして、女神が災いをもたらすことで市民を悔い改めさせたとされる記念日“ジャスティスデー”の日は近づいていた…。

果たしてこの事件の真の目的とは―――謎に翻弄されるヒーローたちにさらなる危機が襲いかかる!!

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.