10月25日は「世界パスタデー」、全国のイタリアン名店72店舗が参加。

2013/10/25 14:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


きょう10月25日は、世界各国でパスタの魅力を伝えるさまざまなイベントが開かれる「世界パスタデー」。1995年10月25日に、イタリアのローマで「第1回世界パスタ会議」が開催されたことを記念して、1998年に制定された記念日だ。この日に合わせ、イタリアで売上No.1のパスタメーカーBarilla社の日本法人バリラジャパンと日本総代理店の日本製粉は、日本イタリア料理協会の協力のもと、パスタ料理の魅力を感じてもらうためのプロモーションを実施する。

今回のプロモーションは、「会話がはずむパスタ!」をテーマに、日本全国のイタリアンレストランの名店72店舗が参加。各店のシェフが考案した「会話がはずむパスタ!」の特別メニューを、25日から1週間(※店舗により実施期間は異なる)にわたり提供する。

日本イタリア料理協会の落合務会長は「世界パスタデー」について「日本での『世界パスタデー』も3年目を迎えました。私ども日本イタリア料理協会もこの記念日が、イタリア料理を楽しむ日として、少しずつ日本に定着しつつあることに喜びを感じています」とコメント。

また、今年のテーマ「会話がはずむパスタ!」については「全国のイタリア料理店が、にぎやかで楽しい食卓を演出するパスタを考案してくれるでしょう」と期待を寄せ、「10月25日にはぜひ、大切な人とパスタを囲んで、楽しい食事を楽しんでください」と呼びかけた。

期間中は、各店でスペシャルメニューが提供されるほか、各店舗に来店した先着100人には、「バリラ・スパゲッティ1.7mm(300g)」をプレゼントする。参加店の情報は公式Facebookページ(https://www.facebook.com/worldpastaday)を参照。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.