まどかマギカに“6つの矛盾”浮上、巴マミとお菓子の魔女は仲良し?

2013/10/24 10:00 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


いよいよ今週末より公開となる「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」。その新しい90秒の予告編が10月24日、ウェブで解禁された(http://www.youtube.com/watch?v=ipQXHiD_owo)。鹿目まどかの貴い犠牲によって、魔法少女たちの絶望の連鎖は断ち切られ、新たな理が生まれた世界。「[新編]叛逆の物語」のストーリーは、テレビシリーズや先の劇場版2作のエンディングを経た世界から始まる……はずなのだが、予告編やチラシなどで明かされている情報には、なにやら矛盾が存在しているようだ。

1.「円環の理」となったはずの鹿目まどかが、この世に実在している。

希望を願い魔法少女となった少女たちは、やがて絶望につつまれ魔女となる。そして魔法少女たちは魔女と戦う。鹿目まどかは、そんな残酷な連鎖を断ち切るために、その身を犠牲にして魔法少女たちの運命を解放し、その代償として「円環の理」とよばれる概念と化してしまったはずだ。しかし、[新編]には現実の世界にまどかの姿が……。

2.魔女となったことで「円環の理」に導かれた美樹さやかが、この世に実在している。

絶望に包まれて魔女と化した美樹さやか。しかし、鹿目まどかの願いによって、彼女は円環の理に導かれて、もはや存在する者ではなくなったはずだ。だが、これまた[新編]には、現実の世界にさやかの姿が……。

3.弓を武器にしたはずの暁美ほむらが、また盾を手にしている。

かつての暁美ほむらは時間遡行の魔法を司る盾を装備していた。しかし、鹿目まどかによって再構成された新しい世界ではその盾を失い、まどかの能力を継承するかたちで弓を手にしていたはずだ。だが、[新編]ではまた盾を装備している。

4.魔獣と戦う運命の魔法少女たち。しかしその新たな敵はナイトメアとなっている。

まどかによって再構成された新たな世界。魔女の存在しないその世界で魔法少女たちが戦うのは、魔獣とよばれる新しい敵だ。[新編]では、魔法少女たちと魔獣との戦いが描かれるはず。だが、魔法少女たちが対峙するのは、ナイトメアというものたちだ。

5.見滝原中学生ではない佐倉杏子が、その制服を着ている。

隣町からやってきた佐倉杏子は見滝原中学生ではない。そんな彼女が、見滝原中学の制服を着ている。それはいったい何を意味するのか。

6.巴マミがお菓子の魔女を仲良く従えている。

魔法少女・巴マミはわずかに見せた隙をつかれ、お菓子の魔女に殺されてしまった。しかし、まどかによって再構成された新しい世界では、魔女そのものが存在しないために、彼女が何事もなかったかのように復活しているのは理解できる。だが、彼女が抱いている愛くるしい人形のようなもの、それはまさにお菓子の魔女ではないか!!

浮かび上がる6つの“矛盾”、果たしてその真相は――。「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」は10月26日(土)全国ロードショー。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.