目前で1億円逃した人間の表情、ウッキウキが一転してズーン……。

2013/09/09 18:33 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


もしも自分が「ほぼ間違いなく手に入れるはずだった1億円が目の前で逃げた」という状況に置かれたとしたら、果たしてどんな表情になるだろうか。最近、米国でそんな悪夢を経験した男性が1人いた。その人の名は、カーター・ギルさん。ポーカープレイヤーとして、さまざまな大会に出場しているプロのギャンブラーだ。今年の夏、ラスベガスで開かれた世界最大のイベントと言われる大会に出場した彼は、思わぬ敗北を喫した場面があったそうで、先日その瞬間を捉えた映像がYouTubeで紹介され、瞬時に一変する彼の表情が「史上最も悲しげな顔」と話題を呼んでいる。

この動画は8月29日付で投稿された「Poker 'Bad Beat' Face You Won't EVER Forget」(http://www.youtube.com/watch?v=1FtJvWSvTS0)。投稿したのは、毎年夏にラスベガスで開かれる世界最大のポーカーイベント「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー(WSOP)」を中継する米スポーツ専門局ESPNで、今年の2013年大会中にギルさんが対戦したゲームの一部を紹介したものだ。

最初、対戦相手と会話の駆け引きをしながらも、余裕たっぷりといわんばかりに笑みを浮かべているギルさん。ゲームはお互いに手札を2枚持ち、テーブル中央に置かれる5枚のカードとそれぞれ組み合わせて、役の強さを競うものだ。例えばギルさんの手札はダイヤのエースとスペードの10で、中央のカードと組み合わせると、彼はエースと10のツーペアが出来上がっている形。一方の対戦相手は、手札がハートのエースとダイヤのクイーンで、この時点ではエースのワンペアに留まっている。

そしてこの後に配られるカードは、残り1枚。このままでも勝てるギルさんは、フルハウスなどさらに役の発展も見込めるとあって、ESPNも勝利確率を93%と示すなど圧倒的有利な状況だった。一方の対戦相手は、クイーンを引いて同じツーペアに持ち込み、数字の大きさで勝ちを引き込むしか方法はない。動かなければ負けてしまうだけに、対戦相手はチップを出してベットを選択。最後の1枚にわずかな望みを託した。

そして賭け金は98万7,000ドル(約9,800万円)に上昇し、勝ちを確信して笑顔を浮かべていたギルさんだったが、出て来た最後の1枚はまさかのクイーン。その瞬間、顔の筋肉から力が一気に失われ、ものの数秒でギルさんは笑顔を不機嫌な表情へと変えた。93%得るはずだった勝利と約1億円を逃し、対戦相手から「君は素晴らしい仕事をしたよ」と声をかけられたのも切ないほどの大逆転劇をくらった彼は、後に「誰か金の儲け方を教えてくれ」(米紙ニューヨーク・デイリーニュースより)とツイッターでつぶやいたという。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.