パンツが“2軍落ち”する理由、“エース級”や“1軍”との違いは?

2013/07/31 06:25 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


ワコールは、8月2日が“パン(8)ツ(2)”の語呂合わせから「パンツの日」であることにちなみ、「パンツに関する意識調査」を実施した。

この調査は、勝負パンツとして活躍する“エース級パンツ”、普段頻繁に使用する“1軍パンツ”、あまり使わずタンスにしまわれている“2軍パンツ”といった具合に、階層で使い分けている男女500人(男性:250人、女性:250人)を対象に行われたもの。

まず、それぞれ選ぶ理由をたずねると、“エース級パンツ”を選ぶ理由は男女ともに、好きな「色」「柄」といった見た目によるポイントが上位にあがった。男女で大きく差が出たのは、男性は「好きなブランド」で選ぶ人が女性より多く、女性は「セクシーさをアピールできること」が男性よりも選ぶポイントとして際立っている点。ブランド志向の男性、自分の審美眼で選ぶ女性と、男女の違いが分かる結果となった。

さらに、“エース級パンツ”をはくシチュエーションを聞いたところ、男性は「デート・合コン・お見合い」が最も多く(59.2%)、次いで「大事な場面(商談・プレゼン・試験)」(50.4%)に。一方、女性は「旅行」が最も多く(58.0%)、次いで「デート・合コン・お見合い」(45.2%)が続いた。「旅行」には、同性である女性との旅行も含まれているのがポイント。女性は同性の目も気にしていることが垣間見られる結果となっている。また、「良いことがあった日のパンツはエース級パンツに格上げする」(43歳女性))という回答もあった。

ちなみに、“エース級パンツ”の所有枚数は、8割強が4枚以下。男性は「1〜2枚」が最も多い(54.8%)。

そして毎日はくことが前提の“1軍パンツ”では、男女ともに「サイズ」「素材」「着用感」や「はき慣れ」が重視されている。加えて男性については「耐久性」を重視する傾向があるようだ。

続けて“2軍パンツ”をはくシチュエーションをたずねると、男女ともに「家でくつろぐとき」が1位(69.6%)に。次いで「寝るとき」(48.0%)となっており、くつろぎタイムに、2軍パンツの出番がやってくるなど、1日のうちでもパンツをはき分けている人が多いことが分かった。

また、2軍落ちの理由は、男女ともに「年季が入っている」「傷んでいる」が最も多い結果に。次いで男性は「色落ちした」「柄があまり好きではない」など「色・柄」へのこだわりが見える一方、女性は「形状」や「サイズ」への不満による回答が男性よりも高く、男女ともにポイントは異なるものの、そもそも買った当初から気に入っていないと、 一気に2軍落ちしている現状もあることがうかがえる。

この調査では、男性、女性に「異性がはいていて魅力的だと思うパンツ」についても質問。すると男性、女性ともに色は「黒」が人気で、タイプでは、男性の最も好きなのは「ビキニタイプ」(54.4%)、次いで「ボクサータイプ」と続いたが、この「ボクサータイプ」は嫌いなタイプの上位にもあがっており、男性の中でも好き嫌いの意見が分かれるところのようだ。

一方、女性の間では男性のパンツの好き嫌いがはっきりしており、ダントツで「ボクサーパンツ」が人気。男性は“モテ”を狙うのなら、形は「ボクサータイプ」、色は「黒系」が無難なようだ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加









Copyright © Narinari.com. All rights reserved.