40年経て「ひこうき雲」1位に、ジブリ最新作主題歌のユーミン名曲。

2013/07/21 02:36 Written by Narinari.com編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加


スタジオジブリの最新作で、宮崎駿監督がメガホンを執った映画「風立ちぬ」の主題歌「ひこうき雲/荒井由実」が、40年の時を経て、7月20日(土)の映画公開日に、レコチョクシングルデイリーランキング1位、iTunesトップソング1位を獲得する快挙を達成した。

「ひこうき雲」は、1973年11月20日に発売された荒井由実のデビューアルバム「ひこうき雲」の表題曲。ユーミンが高校生のときに制作し、その後、シンガーソングライターとしてデビューするきっかけとなった運命の曲だ。

その「ひこうき雲」が、映画「風立ちぬ」の主題歌に起用されたきっかけは、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが、昨年発売された松任谷由実40周年記念ベスト「日本の恋と、ユーミンと。」で改めて「ひこうき雲」を聴いたこと。

そして宮崎監督にもこの楽曲を聴いてもらったところ、「これ、主題歌だよ、ぴったりだね」と、世界観に合っているということになり、昨年12月に「魔女の宅急便」ブルーレイ発売記念のトークライブのステージ上で鈴木プロデューサーからユーミンに公開オファーが出された。このハッピーなサプライズに、ユーミンはその場で快諾、というのが主題歌起用の経緯だ。

「ひこうき雲」は映画公開に先駆け、7月3日(水)より初めてデジタルでの楽曲配信をスタート。楽曲に関するSNSでの口コミと共に、ランキングも駆け上がっていった。また、この楽曲は“風立ちぬヴァージョン”のデジタルジャケットで配信されており、映画でも印象的なシーンのひとつでもある、主人公・二郎と菜穂子のキスシーンが描かれている。ジブリ作品で大人の正統派のキスシーンはこれが初めてということも注目のポイントだ。

なお、今回の「ひこうき雲」と「風立ちぬ」の奇跡の出会いから、「ユーミン×スタジオジブリ40周年記念盤 ひこうき雲/荒井由実」も企画中。豪華な絵本仕様のパッケージで、「風立ちぬ」で描かれた背景画、宮崎監督がユーミンに贈った18枚の絵で構成されている。スタジオジブリが背景画をほかのアーティストに提供し、絵本を作るのは初めてのことだ。この作品は完全限定生産で、7月31日(CD+DVD)と8月14日(LP+CD+DVD)にそれぞれリリースされる。

また、「ひこうき雲」のミュージッククリップも鈴木プロデューサーのもと、砂田麻美監督によって制作された。ユーミン自身がジブリの作品を通じて、40年の時を経て「ひこうき雲」に再び出逢う心象風景を映像化した内容で、三鷹の森ジブリ美術館にて撮影された映像に、1974年頃に撮影されこれまで商品化されることのなかったユーミンの映像も使われており、まさにユーミン×スタジオジブリのコラボレーションといった、貴重な作品となっている。

このミュージッククリップは、ユーミン×スタジオジブリ 40周年記念盤「ひこうき雲/荒井由実」に収録。現在、ショートver.はYouTubeで公開中(https://www.youtube.com/watch?v=ZI9PF64JTAc)だ。

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © Narinari.com. All rights reserved.